hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Emery, EPL, Match

【マッチプレビュー】18/19EPL バーンリー vs アーセナル(12/May/2019)シーズン最終戦は消化試合

ああ、これでウーナイ・エメリ1年目のシーズンも終了。いろんなことがあったけれど、なんだかあっちゅーまでしたなあ。毎年最終戦でそう思ってる。

さて、アーセナルのPL最終戦はバーンリーとのアウェイマッチ。もちろん、ご存知のようにアーセナルは先週ホームでBHAとの痛恨のドローで、すでに実質5位確定(6位で終わる可能性は高い)ということで、エメリは奇跡(ワラ)を目指さずこの試合を消化試合にする意向のようである。

オバメヤンのゴールデンブーツも楽しみだったけれど、たしかにここでリスクをかけることは愚かかもしれない。

Burnley v Arsenal



エメリの試合前コメント

試合前のプレスカンファレンスより。

(ヨーロッパリーグのファイナルまでたどり着いたことについて……)

エメリ:そうだね。ファイナルでチェルシーと戦えることは喜びだ。昨日の試合(※ヴァレンシア)は楽しんだよ。いい雰囲気もあり、いいチームもあった。個人でもチームでもビッグパフォーマンスを出せていたし、ヨーロッパリーグでは重要なことを成し遂げたかった。そしていまはそれをやれる可能性がある。ファイナルでのチェルシー戦は今年のわれわれのやり方において、もうひとつの重要なステップになる。

(来シーズンのチャンピオンズリーグ出場の重要性……)

われわれはPLでもCLに出場するチャンスを目指してやってきた。しかしこれもひとつのプロセスであり、この進歩や成長、そして自分たちのアイディアで未来を築くことが必要だ。この進歩もCLに入っていくためのものだったが、PLはとても難しいことはわかっていた。6つの強いチームがそれを目指していて、先週まではまだ3位か4位のチャンスがあったが、ドローに終わってしまって、いまはもうELでそれを目指している。いまはシーズンの残り2試合を、落ち着いて、我慢強く、野心を持ってプレイすることが必要だ。自分たちのやり方でね。

(われわれのPLでのフォーム……)

38試合で一貫性を持つこと。われわれがテーブルで前進していく前には最初の2試合に負けていた。6位であってもわれわれの進歩はトップ4か3でフィニッシュできるチャンスを与えてくれた。しかし最後の試合でああいうことになった。

ときどき、ああいった状況になってしまうことはあり得る。たとえば直近2試合のホームマッチだ。CPには敗けてしまったが、あのような試合でもそれまでほとんどの試合で勝っていた。しかし試合の状況によっては、自分たちのミスがそのまま失点になってしまう。もちろん相手がいいチームだということもあるけれど。ホームでのブライトンも得点チャンスをたくさんつくりながら、試合はドローだった。ここで6ポインツ失ったが、同じような試合で別のチームには勝ってきた。

アウェイでは進歩を継続していく必要がある。なぜなら、いくつかの点では進歩をしたと思うが、われわれがテーブル上で力強くいられるようなものではなかったし、多くのポイント、安定感、トップ4フィニッシュを失うことになった。

(一貫性の追求……)

思うにチームは進歩した。多くの時間で安定していた。たとえば昨日のELと前のラウンズ、ナポリとヴァレンシア。われわれは安定感をもってプレイした。

リーグでもホームでは多くの試合で安定感を示せていたし、カーディフ、NCといったチームにはアウェイでも勝った。その後はアウェイでドローを何度かやったが、概ね進歩があった。しかし、テーブル上では多くのポイントを取ることはできなかった。それに、チェルシーのようなチームや、リヴァプール、マンチェスター・シティはずっとわれわれより強かった。

しかし、われわれのターゲットは、そのプロセスにおいてその差を縮めていくことで、それに取り組んでいるし、進歩もつづいている。われわれの目標はとにかくこのやり方で一貫性を保つことだ。

(オーバとラカのパートナーシップ……)

彼らにはみんなとても満足している。守備の面でもだ。われわれは攻撃でも守備でもひとつのチームであり、それがわれわれのスピリットなんだ。ときにはとてもいい攻撃のパフォーマンスを見せる。しかしそれはつまりチームがそのようにプレイしようと決めたからなんだ。チャンスをつくるために、アタッキングサードに侵入していくために、ときには守備でも力強くなければならない。

わたしはこういった選手たちの攻撃へのキャパシティを失いたくないが、われわれのアイディアとゲイムプランでは、守備でも力強くありたいということ。

わたしにとっては守備で力強くあるための準備は簡単かもしれないし、われわれは守備の面でいいチームだと云えるかもしれない。イエスだ。でも攻撃面でわれわれは何かを失っている。これがバランスだ。しかしわれわれは守備でもアタッキングサードでたくさんの時間をつくるうえでもひとつのチームなんだ。

(勝利でシーズンを終わることの重要性……)

われわれはテーブルで5位におり、それで終わることが目標だ。バーンリーではトップ4に入るチャンスはないが、5位をキープすること。マンチェスター・ユナイテッドとの戦いだ。難しい試合になるだろうが、われわれにはアウェイのバーンリーと戦うというビッグチャレンジでもある。彼らはいいシーズンを送っており、去年はELにも出場した。われわれにはこれもまた自分たちのプロセスと進歩におけるひとつのステップだ。

昨日の夜、われわれはとても遅くに戻ってきたので日曜にプレイするには問題があるほど疲れている選手がいる。しかし、チームにはプレイに飢えている選手がいるので彼らがプレイするだろう。勝って5位をキープするんだ。

(日曜にはいくつかの変更をするつもりで……)

われわれは昨日とても遅かった。着いたのが朝の6時で今日はトレイニングをキャンセルしたんだ。休むことも大切だからだよ。明日は日曜の準備をするが、誰がこの試合にハングリーでフィジカルコンディションが整っているかは、明日見極めるつもりだ。

(バーンリーのフィジカルなアプローチ……)

ここではわれわれは彼らにかなり苦しんでいる。その試合は覚えているし、チェルシーとドローをやった2週間前の試合も観た。チェルシー戦もとてもタフな試合になるだろうが、わたしは日曜のバーンリーも同じだと思っている。

自分たちのゲイムプラン、キャパシティをインポーズするつもりだ。ロングボール、セカンドアクション、セットピースと難しい試合になるだろうが、だからそういった状況で上手に守る必要がある。

(自分のファーストシーズンをどう評価……)

ヴァレンシアの試合前には、明日敗けたらどうするかと質問された。しかし、わたしはそんなの関係ないと思っていた。わたしはいつも現在のことしか考えない。ポジティヴだ。

われわれはこの進歩において、落ち着き、情熱的でありたい。CLでプレイしたいしELのタイトルがほしい。しかし、難しい場面にあるとき、力強いストラクチャと力強いメンタリティをつくって準備する必要がある。一体感を持つことだ。わたしはこのふたつのラウンドとそれまでの選手たちをとても誇らしく思っている。なぜならBATEボリソフとレンズのふたつの結果からカムバックする必要があったからで、それは簡単なことではなかった。

そしてその後ふたつの強い試合を、メンタリティ、スピリット、一体感で乗り越えた。われわれはそれぞれの試合を乗り越え、PLでもそれは同じだ。ときに苦しんだが、概ねチームは進歩していると思うし、チームでも個人でも自信を得るために、ベストパフォーマンスを出すためにプロセスに取り組んでいる。

いまはもうトップ4に入るチャンスはない。しかしほかのチームにとても近づいているし、わたしはこの進歩には満足してもいいのではないかと思う。最高にうれしいというわけじゃない。でもハッピーだよ。

(つぎはどうする……)

来シーズンも同じだ。インプルーヴが必要で、このプロセスのなかでもう一歩進みたい。

(タイトルレイスについて……)

ふたつのチームは両方とも違うアイディアを持っているように思うが、どちらもとてもよくやっている。彼らにはビッグプレイヤーによるビッグパフォーマンスがあり、どちらもタイトルにふさわしいよ。彼らに近づきたいね。現時点ではわれわれより彼らのほうがいいチームだ。

なんとエメリコーチはわれわれの守備はgoodだと云っている。むしろ攻撃のほうに問題があるんだと。これぞヴェンゲリズム。でもいまここには、それに大いに賛同しているおれがいる。攻撃(ビルドアップやポゼッション)が改善されれば、アーセナルの守備は劇的に改善するだろう。そう信じている。

それと、なんかトップ4フィニッシュの可能性は0%だとはっきり云っているのだけど、もちろんゼロではない。やつらが敗けて、こちらが勝って、GDの8点をひっくり返せばいい。実質不可能というのはそのとおりだが。

ということで、この試合のチームセレクションにヴァレンシアから大きな変更が加わるのはほとんど確定と思われる。

敗けられない試合と敗けていい試合

ところで「絶対敗けられない戦い」という表現について、「そもそも敗けていい試合なんてねえじゃねえか」と揚げ足を取るやからがたまにいるが、今回みたいな試合が敗けていい試合である。だからそれはある。

エメリはこのまま5位で終わることが目標と云っているが、そのために死にものぐるいになるなんてことはひとことも云ってない。

ゆえにこの試合は敗けていい試合である。

ぼくも「絶対敗けられない戦い」というキャッチコピーは鳥肌が立つほどキライですけどね。

あれ? でもそういえば、6位になるとELも出られないのでは?

PL6位フィニッシュチームの来シーズンのEL出場について

EL出場はたしか5位クラブでは?

今回はそんな素朴なギモンについて調べてみました!

UEFAのレギュレーションによると、PLチームのヨーロッパリーグの出場権は、

  • PL5位
  • FAカップ優勝
  • EFLカップ優勝

の3チームに与えられるが、今シーズンはPLトップ4クラブのマンシティがすでにタイトルを取っているため、次点のPL6位チームにEL出場権が与えられるということ。

※FAカップファイナルは5/19にシティ v ウォルヴズで、ここでもシティが勝つとさらに7位チームにEL出場権が与えられるのかな?

いずれにせよアーセナルは5位だろうが6位だろうが、もうどうでもいいってことだ。

詳しくはこちらをご参照あれ。

European qualification for UEFA competitions explained

イカガデシタカ!!!

アーセナルがここで勝利を目指すべき3つの理由 ※追記

このエントリと同じくらいの時間にアップされたArseblogのプレビューエントリによると、どうも6位フィニッシュを避けるべき理由がいくつかあるようで。

ひとつは、PLの賞金が6位よりも「1.5Mパウンズ」ほど高いということ。これは奇しくもロブ・ホールディング獲得時の移籍金と同じだ。5位フィニッシュすれば、第二のホールディングが買える!

ふたつめは、もしアーセナルが6位フィニッシュで、なおかつ来週行われるFAカップファイナルでワトフォードがシティに勝つと、6位チームはELのグループステージの前の予選ラウンドからの出場になるということ。これは避けたい!

そしてみっつめは、可能性はかなり低いが、ToTがしくじる可能性があるということ。彼らは何年か前のファイナル・デイに10人になったNCに5-1で敗けているらしい。アーセナルはまだトップ4フィニッシュできる!

8点差をひっくり返すのは奇跡にひとしいが、今季のフットボール世界はおかしなことばかりだ。もしかしたら……

ラカゼットのコメント「エメリはファーストシーズンでファイナルまで連れてきてくれた」

現在絶好調、バルセロナも狙うというアレクサンドル・ラカゼット。

タイミング的にヴァレンシア戦のレビューエントリに漏れたインタビューがあったので、それをここでフォローしておこう。エメリを称賛している。

ラカゼット:それがこのクラブがコーチを招いた理由だよ。ネクストステップに行くこと。そして彼はファーストシーズンでチームをファイナルまで連れてきた。グレイトなファイナルになることを望んでいるよ。そのための準備もする。

(ELファイナルに進出したこと)とてもハッピーだね。ほんとに誇らしい。PLでは先月かなり悪いプレイをしたと思ってる。だからこれがCLに行くためのいいチャンスだとわかっていた。

それと同時にトロフィだ。クラブはトロフィが必要で、選手たちもそう。

このステディアムでプレイすることは難しいとはわかっていた。彼らはビッグアトモスフィアにプッシュされるだろうからね。最初に失点したけど、ぼくらもキャラクターを見せたよ。仮に1-0で敗けていても試合をコントロールすることができるんだってね。

チャンピオンズリーグでプレイしたい。CLは大きなコンペティションだ。昨シーズンはセミファイナルで敗けてしまった。今シーズンはそれよりもいいところへ行きたい。それがぼくらが今回やったことだ。

ラカゼットがエメリをどう評価しているかを考えるに、ラカゼットは途中交代にはいつも不満げではあったけれど、今シーズンのエメリがチームにしてきたことについては認めている。

まあなんだかんだ、シーズンを通して彼のチームでの重要度は変わらなかったし、むしろ終わりに近づくにつれオバメヤンとともにチームへの影響力はもっともっと増していったように思う。

何度も云うけれど、ラカゼットは来シーズンのキャプテン候補だろう。今シーズンはそれにふさわしいパフォーマンスを見せていたし、それだけでなくスピリットやアティテュードはチームを引っ張るにふさわしいものだった。

チームニュース

公式Team Newsが見つからず。

いつもの5人はアウトのよう。

ウェルベックの復帰

だが、なんとウェルベックがフルトレイニングに戻っているとの情報があった。前日トレイニングの写真にも写っている。もうちょい早く復帰してくれればなあ。苦しいときにいろいろ助けてくれただろうに。

ということは、ウェルベックはこの試合ではプレイしなくてもELファイナルではプレイできるのだろうか。それはたいそう心強い。

彼にとってもアーセナルで最後の2試合。もう一度赤シャツを着てプレイする姿を観たい。

もしかしてラムジーは間に合うのか?

ラムジーのELファイナルでのプレイについて、ほのかに期待をしているファンはかなりいると思われるが、ウェルベックの復帰をいち早くツイートしていたユースウォッチャーのバード氏によれば、いまのところラムジーがそこでプレイする可能性はかなり低いとのこと。

さすがに無理か。わずかでも可能性あるならああいうメッセージは出さないだろうしな。

でもまだ3週間あるからなあ。奇跡が起きてほしい。

予想ファースト11

さいごまでまったく当たらずもう諦めムード。来シーズンの予想はもうやめようかと思っている当ブログの予想スターティング。

4-2-3-1

エンケティア

イウォビ、ウィロック、ミキタリアン

ジャカ、ゲンドゥージ

モンレアル、ソクラティス、マヴロパノス、ジェンキンソン

レノ

38試合目だけどどんなチームで来るのか全然わかんない。

ポイントはどこまでローテーションするか。しかし選択肢がない場所もある。

フルバックは左右どちらも選択肢がない。右はジェンコかリヒトシュタイナー。左はモンレアルを休ませたいが代わりがいない。ちなみにジェンコもリヒトシュタイナーもちまたでは今季限りと云われているなあ。

トップのエンケティアは期待も込めて。ここで大活躍してくれるなんて思っていないが、来シーズンにローンに出すのを躊躇するくらいにはいいところを見せてほしい。

ウィロックもそうだ。今季はローンにも出ずファーストチームでもほとんど出番はなかった。U-23で活躍したことでむしろ悔しさは増したことだろう。

CMはジャカのかわりにエルネニーを使いたいが、この試合で少しでも勝利への可能性を追うならエルネニーとゲンドゥージのコンビは避けたい。

GKについては、今季限りでリタイヤ&ELファイナルを控えるチェフを起用する可能性もあるかもしれないと思っている。どうだろう。

ていうかELファイナルはレノが出てくる? それはさすがに空気読まなさすぎ。。

バーンリーについて

現在リーグ15位。降格圏まで9ポインツあり余裕でPLに残留である。

アーセナルは、直近9試合でアーセナルの9勝ということで、かなり相性のいい相手だと云える。

とはいえ、今季ホームではToT(2-1)、ウォルヴズ(2-0)と勝っている。いまのアーセナルのアウェイ力なら、やられても驚きはない。

ピーター・クラウチ(38)がプレイするかみもの。ていうか現役だったんだ……。最近BBC Sportsとかでパンディット?とかでみかけていたからてっきりリタイヤしてたのかと。

ショーン・ダイクのコメント「トップチームに勝つことはいつも素晴らしい」

ダイク:今シーズンをポジティヴじゃなかったなんて総括できるとは思わないね。だってシーズン後半はかなりよかったのだから。

誤差みたいなところもあるかもしれない。でもほとんどはいいパフォーマンスをやっていたんだ。

もし今回もひきつづきそういった結果が得られるなら、いいことだね。トップチームに勝つのはいつも素晴らしい。とくにホームでね。

バーンリーのデインジャーマン

マイケル・コックス:ヤングスター、ドワイト・マクニールは今季エクセレントなインパクトをもたらしている。たいていは左フランクからスタートして、中央にカットインしてパワフルなシュートがある。彼は気をつけなければならない選手だ。

前回対戦について

ホームでなかなかいい試合をやったらしい。

【マッチレビュー】18/19EPL アーセナル vs バーンリー(22/Dec/2018)一足早いクリスマスプレゼント【コメント集】

【マッチレビュー】18/19EPL アーセナル vs バーンリー(22/Dec/2018)一足早いクリスマスプレゼント【マッチスタッツと試合の論点】



試合結果予想

BBC Sports (Lawro’s prediction) 1-1

SKY Sports (Paul Merson)  2-1

WhoScored.com 0-1

割れた。でもどのスコアもありえそうに思えてしまうのが悲しい。

マーク・ロウレンソン(BBC Sports):アーセナルはアウェイで苦しんでいるし、彼らがこの試合に大いに期待しているとも思えない。

バーンリーは4月末にはターフ・ムーアで1時間のあいだマンチェスター・シティを退けていたが、クラレッツがガナーズに対してそういう守備をやるとは思わない。どうしてそんなふうにやる必要がある?

アーセナルの最大の弱さはバックで、これはまた彼らのディフェンスにとってはあらたなテストになる。

ポール・マーソン(Sky Sports):これはヴァレンシアのアウェイゲイムの前にも云ったし、スペインで勝とうが負けようが関係なく、彼らはおそらくバーンリーには勝てるだろう。

エメリはもしELを勝ち抜けるならみんなを休ませなければならないはずで、ファーストチョイスチームを送り出す意味はほとんどない。スペインから戻ってくるのにだいぶ時間もかかっていたんだ。だからこの試合ではアーセナルではなかなか見られない選手をたくさん観ることができるかもしれない。

でしょうね。

試合のみどころ

ほんとうに残念ながら、この試合のみどころはあまりない。先週BHAに順当に勝っていれば、ワクワクドキドキしてこの試合も観ることができたのにほんとうに残念。

なんならライヴではリヴァプールかシティの試合を観てしまうかもしれない(笑い)。

この試合にかける少ないモチベーションがあるとしたら、これもまた今季悲惨だったアウェイマッチのひとつで、ここで結果を残せるかどうかはアーセナルにとっては意味がまったくないこともない。

どうせなら、勝って終わりたいし、アウェイが苦手だという意識を少しでも払拭したい。

個人的にはエンケティアやウィロックといったふだんファーストチームであまり見られない選手がプレイするなら、それも楽しみではある。

ファイナル・デイのキックオフは、いつもどおり10試合すべて同じで日本時間今晩5/12(日)23:00。

最後の試合。勝てるといんだけど。COYG

3 Comments on “【マッチプレビュー】18/19EPL バーンリー vs アーセナル(12/May/2019)シーズン最終戦は消化試合

  1. 負けた場合〈最悪のシナリオ〉

    6位転落&ワトフォードFA杯優勝&EL敗退が重なる
    →来シーズンのELには、GSではなく予選2回戦からの
    参加となる

    来シーズン末にはEUROもあるため、日程が繰り上がり
    7月上旬に試合が組まれる可能性がある

    更に、今シーズン末には、アフリカネイションズカップ&コパ・アメリカが開催

    チームの始動が早くなり、休養が減るのは避けたい・・・

  2. 計算通りに負けて次、とできるのならいいのですが、アーセナルというチームはそれができないどころか負けを引きずるイメージしかありません。
    無理せず勝ってくれと祈るのみです。

  3. オーバメヤンを出すのか出さないのか、決断が難しそうですね。。
    ここまで来たらゴールデンブーツ狙わせてあげたいところですが、
    ここで怪我されたら困ったことになるなぁ、、、というところもあり。

    今年もスリルとサスペンス(≒興奮と落胆)たっぷりのアーセナルでしたが、
    今の時点でEL決勝が残っている一点だけでも、昨年より進歩があったと言っていいのかもしれません。
    と思うことにしました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.