hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, FA Cup

【試合前記者会見】19/20FAカップ アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(6/Jan/2020)1月の補強、ジャカ、オバメヤン……

(リーズは来シーズン、PLに来ると思う?……)

思うね。イエスだ。彼らのプレイのしかた、振る舞いのマナー、わたしは彼らのコーチ(※マルセロ・ビエルサ)をもう長いあいだフォロウしているし、彼らとプレイするのがいかにタフかわかっている。

(マルセロ・ビエルサはどこが違うのでしょう……)

彼がチームから引き出すものだよ。チームをファイトさせてチャレンジさせて走らせて競争させる。どんな試合でも、どんな状況でもけして諦めない。彼は選手たちに信じることを植え付けるんだ。わたしの意見だが、彼はもっとも成功したマネージャーのひとりだよ。

(どんなマネージャーでもそうしたい……)

そうだ。しかし3日ごとに、このレヴェルでそれを継続して行うのはまたとても違う。わたしのなかでは、彼がコーチとして選手たちに話をするとき一番いいことは、いつだってポジティヴなことばで話すということだ。彼の下でプレイする選手は、いい選手になり、いい人間になる。仕事をより理解するようになるんだ。

(FAカップはシリアスに考えるべきか……)

もちろん。もっとフィットしている選手がいてほしいので、ロテイトする。しかし明日からチームを見ていくことになるだろう。

もちろんこのコンペティションは、ここ何年かはこのクラブにとりとても好ましいものになっている。だからとてもシリアスにやらねばならないし、つぎのラウンドに行けるようトライしなければならない。

(自信レヴェルのためにホームでの勝利の重要性……)

ホームでしばらく勝てていなかったので、ファンとのつながりもつくりだせていなかった。われわれがやろうとしていることはとても明解な方向性があり、それは勝利により支えられる。それらは随分よくなった。

選手もまた結果と不安定さに苦しんでいたから、勝利でより信じる気持ちが醸成されるだろう。

(当初考えていたよりもこの仕事はたいへん……)

この仕事がどれだけたいへんなものになるかはわかっていたよ。チャレンジ? それはイエスだ。思ったより少しだけ大きかったかもしれないね!

(オバメヤンの将来……)

オーバについては可能性すら考えたくないね。わたしは彼にここにいてほしい。

(昨日メストが11.5km走ったのはほんとう……)

まだフィジカルスタッツはチェックしていない。もっと重要なほかのことをチェックしていたから。しかし、ピッチ上の彼を見ていた感じでは、それはイエスだと云うね。

(メストにはハードワークが必要だと話していたので?……)

イエス。しかし彼だけにそうしたわけじゃない。すべての選手個人、それにチームに、わたしが期待するものについて話した。それとピッチ上で選手たちがお互いが期待せねばならないものについてもね。彼も(ほかの選手と)違いはない。彼はほかの選手と同様にランのキャパシティがある。それは意志であり、要求だ。

(ダヴィド・ルイスがファンがアーセナルに戻ってきたと話していた……)

知らない。わたしはいいエナジー、いいスピリットをもたらそうとしている。ファンとポジティヴになりたいんだ。まだリーグでの道のりは長いからね。選手たちに明快さと方向性、フットボールと仕事の楽しみを与えようとすること。それが彼らのここにいる理由だから。

彼らはこのクラブでプレイできる特権的なボーイズたちなんだ。彼らは毎日そのことを実感しなければならない。それと同時に彼らが楽しめること、プレッシャーを感じるのではなく、このステディアムでプレイすることを怖がらないこと、そういったことをわかってもらわねばならない。クラウドが味方になってくれれば、ピッチにいることがとても特権だと思えるだろう。

(オバメヤンのような選手には、アーセナルが楽しいところで残りたいと思ってもらいたい……)

完全にイエス。

(新しいケガ人について……)

現時点ではいない。OKだ。

以上。

9 Comments on “【試合前記者会見】19/20FAカップ アーセナル vs リーズ・ユナイテッド(6/Jan/2020)1月の補強、ジャカ、オバメヤン……

  1. オーバは売り時じゃないですかね。あとやれて3年。やれても運動量は確実に落ちるし、もし急に衰えたり怪我したらもう移籍金は期待出来ず高い年俸払いながら来ないオファーか契約満了を待つといういつものアーセナル。冬はいいとして夏には必ず売ってもらいたいです。

  2. ここにもいたセイント・ミケル!
    もはや神です。
    サイドバックの補強は必要ですよね。
    センターバックもですが、パパルイスが覚醒しつつあるのでホールディングとローテでもいいのかなと思ってしまうとゆう。

  3. アンチェロッティとの合意を反故にした事で、粕谷氏いわく、アーセナルの市場における信頼度が下がり、その事が今後の移籍市場で少なからず影響するだろうとのことです。だとしたらもったいない話ですよね。アルテタの意思は最初から決まってたでしょうから。

  4. 途中送信してしまい、すみません
    エンケティアには残ってほしいです 残りのシーズンはアルテタの下で練習させた方が、来夏のFW補強についても考慮しやすくなるのではないでしょうか オバ、ラカ、補強資金と不安が沢山ですし、来シーズン頭からアルテタのチームにフィットできるように、出場機会よりも戦術理解を優先するのが良いと思います 勿論、今シーズン後半から大活躍してくれれば最高ですね!
    チェンバースの怪我が本当に残念です 一推しの選手が存在感を出した矢先に重傷とは、、、本当に悲しいです

  5. ファイナルサードの決定力は本当に個人技なのでオーバの売り時は難しいと思います
    彼を出しても良いってくらいの代わりのFWがいませんから
    ペペかマルティネッリが更にゴール量産計算できないと安易に売れないかなと

  6. ジャカ残ってほしいですけど、アルテタのサッカーが魅力的でも情熱的に残留を促されても、ジャカがサポーターに愛されてプレーしたいと思ってるならこんなクラブでプレーしたくないやろうししょうがないな

  7. >>誰がそんなことを実際にできると思っただろうか。僕は妄想でも思わなかった!ただの一度も!

    ジャカは正直まだ迷いはあると思う。ビッグクラブのファンには結果だけ見て文句言いたがる人も多くて、その点は快適じゃないと思う。ジャカ自身も気が強そうだ。

    ただ例の騒動でジャカが怒ってたのは要するに「客がプレー(内容)を見てないから」だと思うんだけど、今はより多くのファンがプレーを見るようになってきてる(内容が楽しいから)。アルテタも、ファンにそれを要求する監督だ。ジャカが望んだものはもう手に入ってると思うんだけどな。

  8. エンケティアは個人的には残って欲しい気持ちがあります。
    もし攻撃的な選手ですでに主要リーグでも経験のあるような選手をこの冬取るなら別ですが。
    攻撃的なポジションだったらどこでもやれると思っているし高いクオリティとポテンシャルを持っていると思います。(なんなら将来の中心選手的な)
    個人の理想を言えばレンタルはエンケティアではなく、ネルソンかサカを出すべきだと思っていました。(プレシーズンの頃)
    今はサカはLBやってもらってるのでいてもらわないと困りますが。
    前線の層の厚さという意味でも残ってもらうのもありかなと。

    結局はアルテタがどのように考えているか次第って言ってしまう形になってしまうかもですが。
    アルテタがCFやトップ下に限らずサイド含め起用するつもりがあるなら残って欲しいし、
    そうでないなら主さんとかが言うように試合に確実に出れるところにレンタルに出した方がいい気がします。
    個人的にはけっこうすぐにでも使って欲しいと思っているので。
    カップ戦のスタメンやPLならマルティネッリ、セバージョスらと出番を競って欲しいし競えると思っています。
    競える人が多すぎて結局ベンチが増えるならという懸念もあるのかなぁ。。。

    チェンバースのケガは残念。。。まさかそんな長くなるとは。。

    カップ戦はローテーションで出てくる選手がどんなパフォーマンス見せてくれるか楽しみですね。
    代役やオプションの可能性やクオリティを見極める、作るのに重要になりそう。
    なるほど4-3-3ですか。エジル使わない場合にどうするのかとかそういうのも見れるのかなぁ。期待。

Leave a Reply

Your email address will not be published.