hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Transfer

【試合前記者会見】19/20EPL マンチェスター・シティ vs アーセナル(17/Jun/2020)3ヶ月ぶりのリスタート

ぼくです。元気ですか。

ついに来た。もう明日(※日本時間あさって早朝)3月に中断していたPLがリスタートですよ。3ヶ月のブランクはやはり長かった。いつものサマーブレイクよりも長かったのだから、そう感じて当然である。一時は19/20シーズンがキャンセルになるかもしれなかったことを考えれば、この再開はぼくらファンにとっても大変に喜ばしいことだ。

PLのリスタートといっても、じつは本格的に20チームの残りラウンドが始まるのは週末からで、今回のミドウィークはカラバオカップのために延期になっていた2試合が先に行われる。

その4チームに含まれるのがわれらで、もちろん相手はマン・シティ。

3ヶ月前、アルテタはこの試合のプレス会見まで行っていたというのに、(アルテタのCOVID-19陽性発覚で)急遽延期になり、そしてその後にはPLの試合は一切行われることはなくリーグ全体で中断を余儀なくされてしまったという。なんだか、準備していた難しいテストを突然延期されてホッとしたような残念なような複雑な心境だったが、個人的には、強敵相手に戦うにはいろんな意味でまだチームは準備万端とは云えず、再開となるいまも期待と不安が入り混じっているのが正直なところである。

あれからけが人が戻るなど、チーム状況もだいぶ変わった。

アルテタはロックダウン中もずっと遠隔で選手やコーチたちと密にコミュニケイションを取っていたということで、ヘッドコーチに就任以来、圧倒的に足りなかった時間を取り戻せたというケガの功名もあった。

苦手なアウェイで相手はビッグ6の最強サイド。はたしてどんな試合になるのか。試合をプレヴューしてゆこう。

さすがにブランクがあって伝えたい情報も多い。ちょっち長くなりそうなので、まずは、アルテタの試合前プレス会見。つづいて試合予想などについて書いていく。



3ヶ月前の幻のプリマッチプレスカンファレンス

【試合前記者会見】19/20EPL マンチェスター・シティ vs アーセナル(11/Mar/2020)シティと初対戦、トレイラ、セドリック、COVID-19の影響…… | ARSENAL CHANGE EVERYTHING

一応先にこちらにお目通しいただくのがよいかと。ボスが彼の元ボスとの初対戦の抱負を語っている。

セドリックがフィットし、トレイラのケガの具合がわかりほぼシーズン絶望という評価。もちろんトレイラはいまはもうフルトレイニングにも復帰しており、このコロナ騒ぎがちょうどケガでの離脱と重なっていたのだから、なんとも運がよいというのか。

アルテタのプリマッチプレスカンファレンス「できるだけのことはしてきた」

そして昨日ZOOMで行われたというアルテタの遠隔プレス会見。オフィシャルサイトより。

会見動画を見ると、14分ほどあるので普段より長め。ていうかこの背景合成はAFCの技術スタッフはもうちょいうまくできなかったのか(笑い)。

順番はトピックごとにして変更してある。小見出しは訳者による。

PLのリスタートについて

(復帰試合に対するエモウション……)

アルテタ:まず。みんないるといいんだけど、わたしからは見えないんだよ! でも、みんな元気でいてくれてたらうれしい。

これは長いプロセスになっている。いろいろなステイジがあるが、いまはやっとやりたかったことをやれるようになり、とてもワクワクしている。願わくば、これがうまくできて、続けられるといいなと。だから、いまはみんなが求められたことをやることがとても重要になっている。

(この試合に向けてフィットネスとタクティクスをどうバランスよく取り組んできた?……)

限られたなかでどのように取り組んでいくかを理解する必要がある。それに多くを費やしているよ。

われわれには正しいバランスがあると思うよ。それにもっとも重要なことは選手たちに安全だと感じられる環境を提供することだと思う。仕事をするうえでリスクがなく、あったとしてもとても限定されたリスクであること。

われわれはどうにかそれをやってきたと思うし、これからもそう。フィジカルの部分についてはとてもいいし、メンタルの部分ではこの3ヶ月はずっとチャレンジだった。いまはわれわれがどれだけ競える準備ができているかを見るときだ。

(スクワッドのフィットネス……)

ここまではみんな問題ない。正しいチームとスクワッドを選ぶために明日のトレイニングを見る。

ベンチとサブスティチュートの数が変わるし、どんなことができるか考えなければならない。

(チャールトンとブレントフォードとのフレンドリーズ……)

試合のなかで競っていく感覚を取り戻すのに、とてもナイスな練習になった。無観客とか安全な環境でプレイするための手続きのなかでのプレイがどういったものかもつかめた。

フィジカリーには3ヶ月も試合から離れていたし、選手たちにはプレイ時間を与えたかった。それをなんとかケガなく行わなければならなかったし、とてもポジティヴなテストになった。

(エディ・エンケチアの中断前のインフォームにこのブレイクが影響を与えたか……)

われわれはエディをスクワッドのなかの重要な一員として扱っている。リーズでのローンのあと、われわれは彼を再度ローンには出さないという重要な決定をしなければならなかった。

わたしは彼のトレインを見ていて、彼はチームにふさわしい選手だと確信した。われわれをつぎのレヴェルに連れて行く選手だし、われわれのプレイスタイルのなかで大きな役割を果たすことができる。ここまでの彼はファンタスティック。

(ブンデスリーガのリスターティングに学んだこと……)

いくつかのアドヴァンテッジになるだろう側面を見ていた。しかしそれは経験しなければならないと思う。ブンデスリーガの何試合かを観たが、エミレーツで無観客でエナジー、プッシュやドライヴを奪われてはならない。試合は違ったものだ。インテンシティもやや落ちていた。おそらく選手のフィジカル状況も3ヶ月前と同じではない。それもわかった。観客から急かされることもない。イングランドではそれがどれだけ情熱的か。

しかしわれわれはそういったことに適応しないと。それを経験して、自分たちの選手たちをどうモチヴェイトできるかやり方を見つける。まあどうなるか見てみよう!

(2020年に入り無敗ということと、ロックダウンでその勢いを削がれた……)

そうじゃないことを願う。以前のレヴェルを維持し進歩できるよう取り組みつづけてきたし、結果の改善もそう。しかしわれわれにもどう対応してよいかわからない不確定なこともある。

わたしが云えることは、最高のチャンスを得られるようできるだけのことはずっとしてきたということ。

(これはプリシーズンみたいだった?……)

プリシーズンとはちょっと違うね! 6週間選手がいなかったが、できるだけのことはしようとした。もし「あなたが一番学んだことはなんですか?」と訊かれたら、おそらくそれはいろいろなやり方でコミュニケイションをしてきたことと、テクノロジーもそのひとつだ。

わたしのほうからすれば、選手とのコミュニケイションが難しかった。彼らと話しながら、彼らに触れず、見ずだから。だからチャレンジだった。しかしよりよい理解のためにはなんでも使おうとしたよ。彼らにこれが正しい道なのだと納得させられるよう、仕事を楽しんでもらえるよう。それがいいやり方だったのかどうかは今後だ。

(アウェイのトップチーム相手にやってきた原則をつらぬく……)

われわれはどの試合も同じやり方で捉えなければならない。そこへ行き、試合に勝つ。どのステイディアムも知っているし、どの相手も違うとわかっている。

わたしは集中しなければならないし、選手たちに自分たちがやるべきことを納得させられるよう努力しなければならない。マンシティのやることすべてをコントロールはできない。それは不可能だ。たとえ、そうしたくてもそれをやるには選手たちを怒らせることになるだろう。

だからわたしは、相手を倒すためにわれわれができることについて、彼らを納得させようとするだけだ。試合のなかで競っていける自分たちにとってのベストプラン、それで勝つこと。自分たちがどれだけそれをできるか見ようじゃないか。なぜならここで簡単でも、アウェイのピッチで、しかも96分それを見せるとなれば、また違うものだから。

3 Comments on “【試合前記者会見】19/20EPL マンチェスター・シティ vs アーセナル(17/Jun/2020)3ヶ月ぶりのリスタート

  1. やっと!待ってました!
    財務状況が不明瞭やったり、なんだかんだ当初のポリシーと違って契約面で整理しなきゃ選手が多数いたりするなか、
    この試合がただのビッグマッチじゃなくて、勝てば色んなモンが吹っ飛ぶ試合な気がしちゃってる(笑)
    主に焦らされすぎたせいだけど!(笑)

    でもシティのほうが曖昧な状況なのは間違いない!先手、試合をコントロールしていくアーセナルが見たいぞ!

  2. コロナの件があったとはいえフロントは選手を契約延長するのか売却するのか判断が悪すぎますね
    残り一年以内に決めるとか息巻いてたのに何なんでしょうかこの体たらくは
    ガジディスと変わらんのではないか

  3. 過密日程が心配ですが、こちらのブログ更新も試合間隔が短いので大変ですね。
    いつも楽しみにしていますのでお体に気をつけて頑張って下さい!

Leave a Reply

Your email address will not be published.