hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL サウサンプトン vs アーセナル(26/Jan/2021)PLのセカンドハーフがスタート

中二日でまたサウサンプトン。

アーセナルは最近こういうフィクスチャが多いような。リヴァプールとかシティとかニューカッスルとか。同じ相手と短期間につづけて対戦するのは、興行としてはどうなんだろうか。

さてアーセナルにとっては、これがシーズン20試合目ということで、ここがシーズン後半戦の開始ということになる。

Covid禍のなかでの踏んだり蹴ったりのファーストハーフ、そして今シーズンのセカンドハーフはどうなるか。

ESRを大抜擢して華麗なる変身をとげた年末からの「No.10リヴァイヴァル」が吉兆になるとよいのだけど、ここ数試合を見る限りでは、いまだ解決すべき課題は多い。

自分たちのやりたいプレイをするために、さらなる探求がつづく。

ということで、明日の早朝のこの試合をざっくりプレヴューしてゆこう。



アルテタの試合前コメント「いまはとても楽観している」

オフィシャルサイトより。やっぱりかかる時間が全然違うので今回も要約ヴァージョンにて失礼。

(土曜のセントメリーズの試合から何を学ぶ?)両チームが学んだと思う。同じ相手とつづけて戦うことはマネジャーも選手も好きじゃない。もちろん土曜の試合は分析して学ぶ。つぎの試合ではよくなるよう話している。わたしが一番変えたいのは結果。

(オーバがしばらく不在ならどれだけ問題になる?)トップストライカーだしキャプテンなのだから問題。だが状況を尊重する。わたしもどうなっているかよくわからない。

(残りシーズンのマルティネリの役割?)彼は問題ない。FAカップの交代はタクティカルデシジョン。彼は長期間の離脱から戻ってきてとても役立っている。彼のことは楽観的。

(マット・ライアンとのサインについて)彼はリーグをよく知っている選手でたくさんプレイしている。インターナショナル経験もあるし正しい年齢。12月まではレギュラーを争っていたはず。マット・メイシーが退団したのでGKが必要だった。彼には正しいプロファイルがあったので彼に動くことに決めた。

(アレックス・ルナーソンはどうなる?)GKは3人必要なエリア。彼らはお互いに競いチャレンジし合う。全員が役割を得る。誰かが役割を得ればほかはサポートしなきゃならぬ。

(最近の結果で自分のメソッズに自信を得ている?)試合に勝つことが自分たちのやっていることを強化するベストなやり方だ。この試合は超危険だ。だから集中しなければならない。自分たちがやりたいことは完全にわかっている。どうやりたいのかもわかっている。そうなればあとは自分たちの選手でどう時間と経験を使うか。現時点ではとても楽観している。

(サウサンプトンのプレスについて)彼らはもっとも効率的なチームのひとつ。とてもインテンスな試合で、それも想定していたし、火曜も想定している。彼らは変えないから。彼らはとてもグレイトなチームであり、とてもいいマネジャーもいる。火曜も似たような試合になると思っている。

(移籍ウィンドウはコロナヴァイラスの影響をどれだけ受けている?)見当もつかない。ヴァイラスがどうなるかによる。いくらか観客が戻って、スポンサーズも通常に戻れば。現時点ではなにもできないことが多くある。

(移籍ウィンドウでお金を使わないことは悪いことじゃないかもしれない?)フットボールは結局維持できなければならない。だから持てるリソースのなかで金を使える。フットボールがたくさん金を持っているのはたくさんの金を稼ぐからだ。ヴァイラスでゲイムがどうなるか見てみよう。

(マット・ライアンが夏にパーマネントで加わる可能性?)わからない。彼は来たばかりだ。これはローンで彼にはブライトンとの契約がある。彼がどうパフォームするか、どう適応するか、将来何が必要になるか。決めるには早すぎる。

(今シーズンにトップ4にたどり着くことはまだ可能?)わたしはつぎの試合を見ている。ものごとはいまとても速く動いている。だからつぎに集中だ。勝てばどんな目標にも近づく。それは間違いない。

(これからのフィクスチャはクラブにとって決定的な期間になる?)わからぬ。どの試合だって決定的。PLのどの試合もまじ難しい。いくらかキツいフィクスチャが待っていることはわかっている。チャレンジである。

以上。

タフなフィクスチャ?

今後のアーセナルのPLフィクスチャについて、タフなものになるということでまた注目されているが、2月末まででこういう感じである。まあたしかに厳しいは厳しい。

しかし正直なところ、ウォルヴズやヴィラ、リーズといったチームまでタフ認定していたら(実際タフだが)、もはやシーズンを通してアーセナルが楽をできる期間などほとんどないことになる。

だからこのような対戦相手が並ぶスケジュールだからといって、ことさらに騒ぎ立てるほどのこともない。特別にキツいフィクスチャなんてものはもうPLには存在しないのだ。すべてがキツい。キツキツである。

チームニュース

この試合に向けてのTeam newsはまだ発表されていない。

前回のセインツから中二日ということで、前回どおりとするなら、セバーヨスとマリーがダウト&アウト。

それとオバメヤンはやはりこの試合には含まれない様子。

※追記

Team newsが更新された。

オバメヤン:アウト。Personal family reasonsで。

セバーヨス:アウト。トレイニングには復帰しているが。

マリー:今週にトレイニング復帰を目指す。

KT:右ふくらはぎ。ダウト

KTはケガだったのか。雪ん子みたいだったのに。

追記以上。

予想ファースト11

当ブログの予想スターティング。

おっと貼り間違えた。

こっちこっち。

4-2-3-1

ラカゼット

マルティネリ、ESR、サカ

ジャカ、パーティ

KT、ルイス、ホールディング、ベレリン

レノ

オバメヤンの不在を埋めるのは、マルティネリ。ぺぺを左で起用するのもありかもしれない。マルティネリのフィットネス次第か。

LCBにルイスを予想した理由は、セインツが土曜とほとんど同じようなハイプレッシングをやるつもりなら、ロングボールが効くはずだから。ガブリエルもいいロングボールがあるが、さすがにダヴィド・ルイスより上手だとは云えない。

ガビは前回若干のサビつきを見せていて、幸いにもいまは代わりもいるので、もうちょっとゆっくり起用してやってもよいだろう。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published.