hotいま読まれているエントリ

Arsenal, News, Player, Transfer

アーセナルがポルトのMFファビオ・ヴィエラ獲得と突然報じられる

ゆうべはかなり驚きましたね。

アーセナルがポルトのファビオ・ヴィエラ(Fábio Vieira)という選手を取るのだと。もう決まったのだと。

わし夜12時ごろは、もうむにゃむにゃしてしまう早寝の中年なんだけど、昨日は珍しく起きていて、twitter上のざわつきをわりとリアルタイムで目撃してしまった。だって、アーセナル系ジャーナリストたちも、この件に全然気づいていなかったというのだから、エキスパートも素人もみんながびっくり。

アーセナルの秘密裏の動き。この夏の優先エリアと思われていなかったCAMの意外な補強。そして、選手のクオリティ。すべてが興味深い。

このニュースをざっとまとめよう。



突然「ファビオ・ヴィエラがアーセナル移籍」と報じられる。ニュースまとめ

ぼくはぶっちゃけ彼の名前すら聞いたことなかった。ファン界隈の反応を観ても、アーセナルファンでそういうひとも少なくないようだ。それくらいノーマークだった。

このブレイキングニュースはここが震源地のようである。ポルトガルのジャーナリスト。日本時間で昨日の23:25。

❗️独占スクープ。ファビオ・ヴィエラはアーセナルの選手になる。

すでにFCポルトとアーセナルのあいだで合意済み。契約解除にかかるコストは€40M。

ファビオ・ヴィエラは、この数時間内にロンドンへ飛ぶ。

このジャーナリストはこの3時間ほどあと「彼はすでにロンドンにいて明日メディカル」ともtweet。彼のスクープはポルトガルの信頼できるっぽいジャーナリストたちも支持。その後には、おなじみの面々もつぎつぎにこれをフォロウした。

オーンステイン:ポルトのファビオ・ヴィエラがアーセナル加入の見込み。金額は€35M+5M(アドオン)。5年契約。22才のAMFは今日ロンドンへフライト。移籍完了までにメディカルを受けることになる。プロセスは始まっている。ジョルジュ・メンデス案件。@pedromsepulvedaのスクープ。

ロマーノ:アーセナルがファビオ・ヴィエラについてポルトと完全に合意した。Here we go! すでにリポートされていた提案が受け入れられたことに。個人条件でも合意しており、契約は2027年6月まで。ヴィエラは金曜にメディカルテストへ。@pedromsepulvedaのニュースは確認された。

アーセナルのファビオ・ヴィエラへの最終的なオファーは€35M保証にアドオン付き。アーセナルは彼の€50Mのリリースクロウスは発動させなかったが、ポルトと交渉して決めた。ポルトはこれを受け入れるつもりで、最後の詰めは支払い方法について。

ワッツ:ちょっとした藪から棒という感じ。ポルトガルでのリポートが示唆していたように、アーセナルは22才のポルトMFファビオ・ヴィエラについて一線を越えると観られている。

コリングス(Evening Standard):ポルトガルで報じられていたとおり、現在アーセナルはポルトMFファビオ・ヴィエラとの取引を完了させるよう取り組んでいる。

ディーン(The Telegraph):先にポルトガルで報じられたように、アーセナルはポルトMFのファビオ・ヴィエラの取引に取り組んでいる。

ベンジ(CBS Sports):アーセナルはファビオ・ヴィエラの取引に取り組んでいる最中。そしてイエス。これはまったくの不意打ちだった。

彼の給与?

最初にこの件をスクープしたPedro Sepúlveda氏は、彼のサラリーについても伝えている。

ファビオ・ヴィエラがアーセナルで受け取るであろうサラリーは、Netで€130kpm。

「いや130kとか、いくらなんでも高すぎだろ」というツッコミはちょっと待ってほしい。よくみると、これはper month(月給)の金額。われわれが親しみのあるper week(週給)では、€32kあたりになる計算。これだとスクワッドの給与ストラクチャも壊さない。

むしろ、彼の評判からすると、いくらか控えめな金額かも?

それとも「Net(税引き後?)」がポイントかもしれない。英国の税金は半分くらいだったような。2倍すれば€64k(£55kくらい)。

Who is ファビオ・ヴィエラ?

まず誰だよって話である。

いちおう、彼はリヴァプールやシティ、レアル・マドリッドといったビッグクラブのターゲットでもあったそうで、アーセナル界隈では無名でも、むしろ有名チームが好きな一般のフットボールファンにはけっこう知られた選手だったのかもしれない。

リヴァプールとの試合の彼個人のハイライト動画を観たが、なるほどリストアップしちゃいたくなるようなパフォーマンスだった。

去年のEURO U21のPlayer of the Tournament。現在のポルトガルで最高のヤングタレントMFの呼び声も。

これまでアーセナルとのリンクがまったくなかったのは、むしろそちらのほうが不思議である。なぜアーセナル界隈は彼をスルーできていたのか。全世界のあらゆるフットボーラーとリンクされるわれらがどうして。

彼の基本プロファイルは、TMによると。

  • 本名:Fábio Daniel Ferreira Vieira
  • 誕生日:May 30, 2000
  • 出身:Santa Maria da Feira Portugal
  • 年齢:22
  • 身長:1,70 m
  • 国籍:Portugal
  • ポジション:midfield – Attacking Midfield
  • 利き足:左
  • エイジェント:Gestifute

たいへんに小柄。しかも170cmちょうどというのは、170あるかちょっとあやしい(笑い)。

ナショナルチームはポルトガルのU21で20試合13ゴール。シニアNTには、まだ招集されていない模様。同じポジションで先輩たちがすごいから、しばらくは難しいか。

ヴィエラの代理人はジョルジュ・メンデス

彼のエイジェントは、CR7を筆頭にベルナルド・シルヴァやルーベン・ディアスといったポルトガルのタレントを数多くクライアントに抱えている、ジョルジュ・メンデスの会社。ジョゼ・モウリーニョらマネジャーも彼の顧客。

アーセナル的に、ヴェンゲルさん時代よりスーパーエイジェントとの付き合いも躊躇しなくなったとはいえ、アーセナルにメンデスの顧客はほとんど初めてでは? すくなくとも現在はゼロ。(以前にアカデミーにひとりくらいいたような)

今回アーセナルは、なかなかの条件でヴィエラを獲得したと評判で(人によってはバーゲンとも)、タフネゴシエイターだろうスーパーエイジェント相手にうまくやったものである。

エドゥ+ガーリックのお手柄なんだろうか。

ファビオ・ヴィエラのポジションとプレイスタイル

くわしくは正式に移籍が決まってからでも、おいおい書くとして。ひとまずざっくりとした情報を。

基本的なポジションは、アタッキングMF。CAM。アーセナルだと、オーデガード、ESRと同じグループ。もしかしたら、ティーレマンスも。

彼のポジションについて特筆すべきは、かなりたくさんのエリアをカヴァできるヴァーサティリティ。

アルテタのサインでは今回もという感じではあるが、それにしてもヴァーサタイルすぎ。まさにミドフィールドならどこでもプレイできるみたいな。

もっとも多いのはAM(No.10)。つぎにRM。これはアーセナル的には3MFのオーデガードのポジションだろう。セカンドストライカーについては、彼はフォルス9までこなすというので、それかもしれない。ESRにフォルス9適性があるというのと似た話。

プレイのスタイルについては、動画を観たほうが早い。

ずっとアーセナルにこういう選手を待ってたんだよなあ。。テクニックに優れていて、ボール扱いとパスが異様にうまい。DFの裏に抜けるウィンガーへのスルーボールはもう。眼福である。

彼の獲得を観て、アルテタはテクニカルなMFを集めて、来シーズンはよりシティっぽくプレイするんじゃないかという予想もある。

ビッグ5リーグス+ポルトガルリーグのU-23。前方パスとxAのクリエイタースタッツでも、ファビオ・ヴィエラはかなり優秀。

ファビオ・ヴィエラに似たスタッツの選手としては、リース・ジェイムス、ダヴィド・シルヴァ、ニコロ・バレーラといったスター選手の名前が。KDBもいる。

ゴールもできるし、チャンスもつくれる待望のクリエイティヴMF。

このように彼のプレイについては、基本的にポジティヴな評価を多くみかけるが、共通したネガティヴポイントが指摘されていることも発見した。それは、彼のフィジカリティ。

身体が小柄であり、空中戦はもちろん、ジュエルを避けるタイプ。とくにPLでそのようなプレイが通用するかどうかを、彼の課題として挙げているひとが多いようだ。

また、アーセナルでそのポジションでプレイするならば、当然アルテタは激しいプレッシングを要求するはずで、まず彼はアーセナルとイングランドのフットボールに慣れる必要がある。

もっとも、ポルトガルからイングランドへの移籍では、成功例があまりに多いので、心配をしなくても大丈夫という観方があるのも当然か。

アーセナルの夏の補強への影響? 既存選手はどうなるか

チャールズ・ワッツが述べていたように、アーセナルは同じポジションに無駄に多く選手を抱えたくないというのは、やっぱりあるんだろう。

そして、今回のウィンドウで最優先とも思われていなかった、意外なCAM獲得。これをどう観るか。

まず、もっとも気になるところではユーリ・ティーレマンスの件。しかし、各所のリポートによれば、このファビオ・ヴィエラ獲得によるティーレマンス案件への影響はないようだ。それはロマーノもわざわざ言及していたし、レスター方面からも、ティーレマンスへのアーセナルの興味は変わらずという観方をされているようだ。いまも変わらずトップターゲッツのひとり。

ただ、ティーレマンス以外の、たとえばジンチェンコのようなMFについては、この夏の可能性はこれでなくなったのかもしれない。

もちろん、それでアーセナルのミドフィールドが完璧だとは云わないが、既存のチームにジャカが残るなら、そこにティーレマンスとヴィエラの追加で上出来だろうと思う。

いまヴィエラがチームに来て、競争になるのはオーデガードのポジションで、そこはもともとデプスのなかったエリアであり(個人的にESRはオーデガード役よりも、ワイドからピレスっぽくプレイしたほうが合ってると思う)、これでかなり歓迎できる状況になった。

彼の獲得で、既存チームのなかでもっとも影響を受けそうなのは誰かと考えるに、チャーリー・パティーノはかなりチャンスが減るかもしれない。

彼は、つぎのファーストチームに入ってくるアカデミー選手のなかでは筆頭のMFだが、当然€40Mで買うヴィエラよりは優先されない。

パティーノをベンチに入れるなら、エルネニーやサンビ・ロコンガと競争になって(なんならジャカもいる)、そこで彼が優先される可能性は低いように思える。ベンチに入れるか入れないかくらいのチャンスなら、クラブはむしろ彼がレギュラーでプレイできる環境(ローン)を探すほうを選びそうではある。

アルテタも来シーズンのパティーノにはかなり期待をしていたと思うが、そう考えると、ファビオ・ヴィエラの獲得はどれほど計画どおりだったんだろう。

ジェズース、エンケティアの案件も進行

昨日は、ファビオ・ヴィエラだけでなく、ほかの懸案だった案件もすべてニュースがあって、一気に進捗しているように見えた。急に騒がしくなったので、まるで昨日がアーセナルのデッドラインデイだったみたいである。

そして、つい1時間前までエドゥを怠け者扱いしていたひとらも、いっきに手のひら返し。

エドゥにまかせておこう

昨日の『The Times』によると、ジェズースはアーセナル移籍を希望。£50Mを要求するシティに対し、先週AFCが最初にしたオファーは£30Mあたりだったと観られるが、これを増額してオファーするということ。

『GOAL Brasil』は、アーセナルのシティへのオファーは€50M(約£42M)だと伝えている。

ワッツは、£35-40Mのあいだと云っていた。そろそろ決まってもおかしくないステイジのように見える。

エンケティアの契約更新についても、昨日複数のジャーナリストたちが伝えていた。

数日のうちに彼の長期契約が発表されるはずと。

エンケティアはすでに長期契約に合意していると『Evening Standard』。

また、興味深いのが彼が空いているNo.14シャツを受け継ぐという件。

14はもちろんアーセナルではアイコニックなナンバー。もしかすると10よりも。彼の説得材料につかったのかな?

アーセナルのストライカーが「キミに14をつけてほしい」と云われたら、その意味がわからないはずもない。ESRの10にエンケティアの14。いまさらながら、アーセナルはユースに本気ということがよくわかる。

 

ひとまずここまで。

ファビオ・ヴィエラはクラブから発表があれば、またここでお伝えしよう。

♪ヴィーエラオオオオ ヴィーエラオオオオ チャントが聞こえる。



※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

2 Comments on “アーセナルがポルトのMFファビオ・ヴィエラ獲得と突然報じられる

  1. 身長は176という数字も見かけましたが
    自分の見た動画では確かにガリガリに細い割には
    当たりを避けているプレーは見られませんでした。
    むしろ前へ仕掛けて潰されることもあるけど
    逃げの(華麗な)キープよりゴールへ向かうプレーの目立つ
    多少泥臭くて賢いタイプという印象です。
    体重は軽すぎると思います。

  2. ついに待ち望んでいたジャカの後継が!突然に!笑
    ポルトガルの選手は大体プレミアにフィットするんで大丈夫でしょう

Leave a Reply

Your email address will not be published.