hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Transfer

【アーセナル新監督】過去発言から読み解くミケル・アルテタ【就任前夜】

噂になっていた新監督候補の多くがさまざまな理由で脱落していくなかで、消去法的な意味でも次期アーセナル監督はますますミケル・アルテタに絞られつつある。

ちなみにアレグリがユーヴェ残留の意志を示してからアルテタとともに最後の有力候補と見られていたパトリック・ヴィエラは、クラブの見せかけだけのコンタクトに激おこぷんぷん丸な様子を見せているという。消えたな。

先日マックス・アレグリ就任前夜だわーいわーいと煽った当ブログとしては、ここでこういうのも若干気が引けるがあえていおう。いま、ミケル・アルテタの就任前夜であると。

ラーメン屋で読むスポーツ新聞みたいなものだと思って、これからもゴシップを楽しむつもりでお付き合いくだされば幸い。



ミケル・アルテタとはいったいどのようなパーソナリティを持った人間なのか。過去発言から分析

さて、先日redditに、過去発言からミケル・アルテタを分析しようというスレッドが立った。

Detailed analysis of the mentality, the football beliefs and the tactics of Mikel Arteta. Includes many interesting excerpts that may prove exactly why he is so highly rated and why he is seemingly front runner for the job.
https://www.reddit.com/r/Gunners/comments/8jehie/detailed_analysis_of_the_mentality_the_football/

Arsenal公式インタビューで語られていることなどから、彼のメンタリティや信条、戦術などを紐解こうというもの。本人がフットボール、アーセナルについて自分でどのように語っているか。非常に興味深かったので、読むついでに雑に訳したものをお届けしたい。

このスレッドでは、一部を抜粋してそれぞれにコメントするという編集がされていて大変にわかりやすい。が、そっくりそのまま転載するのも気が引けるので、ここではアーセナル公式の元記事を紹介するだけにしよう。

アーセナルでプレイするのが夢だった by ミケル・アルテタ(2014年5月)

※この記事は2014にArsenal Magazineに掲載されたアルテタのインタビューをその1年後の2015年に、彼の33才の誕生日を祝して公式サイトで改めて紹介されたもの。

※ちなみにアルテタのアーセナルでの歴史をおさらいすると、11/12シーズンに入団、14/15シーズンからチームキャプテン、翌15/16シーズンに退団(引退)している。

‘My dream was to play for Arsenal’

(ピッチにいることをどんなふうに感じてますか? いまあなたは32才になりました。そして今シーズンは40試合以上プレイしたことになります)

アルテタ:シーズンを通してよかったと感じているよ。でもチェルシー戦やリヴァプール戦みたいな試合をまたするのはいやだね。折り合いをつけるのが難しかったよ。ぼくはとても負けず嫌いだし、頭が真っ白になったみたいに自分を見失ってしまう。

でもフィジカル的にはずっと問題なかったよ。ホールディングロールが多かったけど、マシュー(フラミニ)と一緒にプレイするときはちょっと違ったかな。まあ問題なかったよ。

(年長の選手として、そういうキツいときは特に責任を感じてましたか?)

そうだね。ぼくらがすべてがうまくいくようにしなきゃならなかったし、若い選手たちが落胆してシーズンを諦めるようなことがないようにしようとした。

それはある1点においてはかなりリスクになったけど、ぼくがここに来てからはタフなときでもいつもそれにポジティブに対応したよ。そしてぼくはそれがシーズン終わりまで続くことを期待している。

(年齢とともに試合へのアプローチは変わりましたか? 試合から退くことも受け入れられるようになったりとか?)

戦っているときとそうでないときの切り替えは、どんどん難しくなっているね。もう無理なんじゃないかとか。負けたときはいつもワイフと長い間話すんだ。

ぼくがよく考えるのは、どうやったら成長できるか、何が悪かったのか、試合で何が起こったのか。頭のなかで何度も何度も問いかけるんだ。それは試合を愛しているからだよ。フットボールをプレイすることを愛している。家族と一緒にね。それらはわたしの人生のなかでもっとも大きいものだ。

どうやって辞めればいいのかわからない。幸運にも、ぼくのワイフはただぼくを見るだけでぼくが何を考えているのかわかってしまうんだ!

(いまあなたがいる場所を見たとき、そしてキャリアのスタートを振り返って、あなたが16か17だったときに夢に思い描いていた場所にいると思いますか?)

若いときの夢はいつもバルセロナでプレイすることだったよ。

でもその後、ぼくがUKに来てからもし誰かにどこでプレイしたいかと問われていたら、ぼくの答えはずっとアーセナルだった。それはほんとのことだよ。

彼らのプレイスタイル、チームにあるもの、攻撃フットボールという哲学、ぼくのプレイにも合っていたし、(チャンスがあれば)何よりも優先していただろうね。

そしていまぼくはここにいる。このクラブの一員でいることをとても誇らしく感じている。成し遂げてきたこと、やり遂げてきたこと、築き上げてきたもの、どれもアンビリーバボーだ。みんながここにいる特権を感じている。

(仮にあなたのキャリアが一週間前に終わったとして、いまそれを振り返っています。どんな気分ですか?)

それはぼくが望んだもの。でもひとつ後悔があるとしたら、ぼくがやるべきだったことほどには楽しめなかったことかな。

つまり、ぼくはいつも自分自身にプレッシャーを与えてきたし、うまくいかない部分についてはなんとか進歩しなきゃと頑張った。自分だけのことじゃなく、ほかの選手やクラブでのもろもろについてね。

ぼくはそれについていつも思うんだ、5年か10年のスパンのなかで自分を振り返ってこういうんだ「ミケル、キミはアーセナルでプレイしていたとほんとに理解していたのか? ナイスなフットボール、いいコーチにいいチームメイト、ロンドンでの生活を」。

もっと楽しむべきだったのかもしれないってね。でもそれがぼくの資質の一部でありぼくを前進させてくれたものなんだけどね。

(ティエリ・アンリがかつて似たようなことをいっていました。復帰した2年前のリーズ戦で、彼は初めて本当の意味でゴールを味わったと)

勝ったときは次の試合のことをすぐに考えられる。負けたとき、48時間か72時間は、なぜそれが起きたのか何度も思い返してしまう。次の試合について考え始めるのは、2日もたったあとなんだ。

だからそれを単に「好きだ」というのは難しいんだ。だってぼくはいつも自分にプレッシャーを与えているんだ。いつも次の試合があったり、「勝った、けどうまくできなかったこともあったな」なんて考えにさいなまれる。いつもそんな調子だ。

でもぼくがこのいまのポジションにいることがどれだけすごいかは完全に理解している。

ときどき試合のあとにうちの子たちをエミレーツのピッチに連れていくんだ。そしてこんなふうに思う、ぼくがこの子たちくらい若かったときの夢そのものだってね。

(わたしたちは最近のタフな時期について語り合いました。あなたのキャリアでもっとも難しかったのはなんですか?)

たぶん、2009年に十字靭帯をやったときかな。エヴァートンにいたときで、たぶんそれまででベストフォームだったときにやってしまった。

そのときスペインのナショナルチームにもかなり近づいてたんだ(※訳注:アルテタはシニア代表経験なし)。きっと呼ばれるって思ってたよ。

そして前十字靱帯、半月板をやってしまいすべてがおじゃんになった。

4ヶ月半ほどしたあと、ほとんど復帰していたのに半月板のせいでまた手術が必要になった。そのとき感染症にもなってね、結局11ヶ月だ。

こんなことも考えた「いつ戻れるかわからない」。だって感染症はほんとうにひどかったんだ。でも何をやらなければいけないかはわかっていた。

たくさんの痛みに耐え、何時間も何時間もリハブに費やしたよ。それでまた、ワイフとたくさんの話しをした。ぼくは復帰に向けてとても集中していたし、ほかには何もできなかったんだから。

ぼくたちの最初のベイビーが産まれた3、4時間後、ぼくは病院で彼女のベッドのとなりにあったトリートメントテーブルを出してきてフィジオとリハブを始めたんだ。彼女はぼくを殺したかったかもね「1日くらいいいでしょ!」ってね。でもぼくはそう思わなかった。ぼくの膝にとってはそれがとても重要だった。そのときもうすでに8時間も無駄にしていたんだから。

いまでは笑い話しだけど、あのときはキツかった。何かうまくいかないときは、もっとがんばってしまう性分なんだよ。でもそれがぼくの仕事のやり方なんだ。

それでもポジティブな面があるとすれば、うちの子がもっと大人になって彼の身にこういうことが起きたとき、彼の父親のような気持ちには決してさせないってことさ!

(しばしばそういうことは起こってしまいますよね)

それはフィオ(ウォルコット)にも起きた。彼の産まれたてのベイビーとね。

何週間か前に彼と話したとき、自分が彼とまったく同じキツいときを過ごしたと話したよ。一晩中赤ちゃんが泣いて寝ることも休むこともできない。でも朝8時にはリハブが始まるし、12時間はそれに耐えなければならない。

でもそれが同時にいいことなのは、何か新しい体験だし、世界中で一番素晴らしいことで、それが人を勇気づけたりモチベーションを与えたりするんだ。

(多くのひとがあなたは引退後にマネージャーをやるんじゃないかと思っています。何か思うことはありますか?)

ぼくのチームメイトたちはいつも「次は何をするんだいミキ? お前はマネージャーになるんだろ、マネージャーをやるべきだよ!」なんていってた。

その仕事をすることがどんな意味があるのか、どれだけ厳しいかも知っている。とくにボスを見ていて、彼がどれだけの時間をここで過ごしているか見ているからね。家族を犠牲にする必要があるし、ぼくが15のときからやっているみたいにね。

でもぼくは選手とスタッフのスクワッドをマネージしてみたいと思っているよ。ぼくは心の底から、本当に、それがやりたい。

まずは、自分の選手としてのキャリアを締めくくりたい、だってもう32だし34、35、36になっても選手を続けているかどうかはわからない。

その後もフットボールに関わっていくことは確かだと思う。なぜならそこに加えたいものがあるからだよ。自分自身を証明したいし、わたしがベストだと思うやり方、人を率いたり勇気づけたりするアイディアを証明したいと思っている。

(じゃあ、明日ミケル・アルテタFCに就任したとしましょう。どんなアイディアをクラブに持ち込みますか?)

ぼくの哲学は明解だよ。全員に120%のコミットを求める。まずそれがありきだ。もしそれがなければぼくの下ではプレイしない。

仕事の時間がくればそれは仕事の時間だ。楽しむ時間なら、ぼくは率先してそれをする。しかしコミットメントは極めて重要だ。

ぼくがフットボールは表情豊かで、エンタテインメントなものにしたいとしたとする。ぼくは相手に基づいたフットボールのコンセプトを持つことはできない。われわれが試合の方向を決めなければならない。われわれがイニシアティブを取らなければならない。そしてわれわれは観に来てくれたひとたちを楽しませなければならない。そういったことをやると100%断言できるし、そしてぼくにはそれができると思うよ。

(あなたは特定のシステムに選手を当てはめますか? それとも選手ありきにしますか?)

ぼくが思うに必要なのは適応だよ。

システムについての考えを持つことはできる、しかしそれを選手が持っているものによって変えていく必要がある。

どれだけ前線でペイスがあるか、どれだけチームにテクニックがあるか。どんなタイプのリスクをかけられるか、そして選手たち自身がそのリスクを負う準備ができているか。

選手たちの分析は重要だよ。だっていつも同じようにプレイできるとは限らないのだから。アプローチの仕方によって異なるディーテイルと変化がなければならない。そしてどんな相手だって、どうやったら崩せるかよく見なければならない。彼らが何か嫌がるようなことがあるか? もしそうなら、そこを徹底的につけこまなければならない。

マネージャーにとって一番大切なことは、試合前の金曜日には土曜日に何が起こるか想定すること。そして土曜日に起きたことが自分の想定していたことでなければ、そのときマネージャーの仕事は十分じゃないんだ。

(現役のマネージャーでとくに影響を受けた人はいますか?)

ひとりはもちろんアーセン・ヴェンゲル。

彼は信念の人で、自分の信じたことを決して変えないという哲学を持っている。それがもっとも重要なことなんだ。だってもし何か信じるものがないとしたら、ひとつ悪い結果があっただけでどんどん変えていくようなことになって、選手たちはおかしくなってしまうだろう。

もうひとりはペップ・グアルディオラ。15のときから知っているよ。

彼のフットボールの見方はいつも先を行っている。より深く前へ。いつも進歩している。

あとマウリシオ・ポッチェティーノ。彼はぼくのPSG時代のキャプテンで彼はいつかマネージャーになるんだろうなと思っていたよ。

彼はマルセロ・ビエルサの影響が強くて、ビエルサは彼のアルゼンチン時代の監督だね。いま彼のチームがとてもアグレッシブなことがわかる。攻撃も守備も両方。彼はリスクを取る、選手たちは彼の指導を楽しんでいる。彼の決断はいつも響くし、素晴らしい人間でもある。ポッチェティーノは若いときからずっと憧れだ。彼はPSG時代には本当にぼくに良くしてくれた。

(あなたはグアルディオラのイノヴェイションに対する渇望について触れました。彼は先週のマンU戦で、左右のフルバックを中盤に押し上げるという作戦を見せました……)

彼があんなふうにするときはいつも理由があるんだ。

ぼくはマネージャーが何か変わったことをやったり加えたりするのを見るようにしている。タイトにしたいとかコンパクトにしたいとかだけじゃなくてね。

あんなふうに勝つこともできるけど、ぼくは選手たちがあのやり方で本当に楽しんだのかどうかはわからない。ぼくは選手たちには自分を表現してほしいと思う。彼らがやりたいことに対して、知識やアイディアを与えることはできる、しかしその後には彼らが自分で能力やクリエイティビティを発揮できるように口を出さないでいる必要がある。選手から学ばなければならないし、それができるなら、何か新しいことができるということなんだろう。

(さっきの話しに戻っていいですか? スペイン代表に選ばれそうなときに怪我に見舞われたといいましたが、それ以来スペインに選ばれなかったのはそれが大きな原因だと思いますか?)

いや。ぼくが思うにスペインに選ばれなかったのは、スペインにヨーロピアンフットボールの歴史のなかでもかつてないほど最高のMFがいる時代だったからだと思うんだ。

スペイン代表のかなり近くにいた。関係者からチャンスがあるよって電話ももらったりしていた。

でもそれもフットボールだね。いつか彼らのような選手と一緒にプレイしたい。でもそれは起きなかった。そしてそれを受け入れないと。つまり彼らがそれだけ素晴らしかったということなんだから。

以上。

感想

2014年の時点で監督やる気満々マンだよこの人。

しかも選手にはコミットメントを求めるとか、チームに加えたいアイディアがあるとか、かなり具体的に自分がマネージャーになったときのことをイメージしてる。このときまだ現役をいつ終えるか決めてなかったと考えると、そんなときから自分がチームを率いるイメージを持ってプレイしていたってことだ。

このインタビューからはもし彼がアーセナルを率いることになったら、どのようなマネージャーを目指そうとしているのかも垣間見れる。ヴェンゲル/グアルディオラ/ポッチェティーノのいいところを彼が消化して、それをチームに組み込むことができるなら、ニュー・アーセナルも大いに希望が持てそうじゃないか。

もっとも、何をやるべきかわかっていたとしても、それを実際に実行できるかどうかはまた別問題。誰も彼の知性やメンタリティに疑問は持っていないだろう。実務がどうなるか。そこだけが唯一アルテタが心配な点である。まあこれだけ多くの監督や選手から信頼されいているということは、つまりそういうことなのだろうから過剰に心配する必要はないのかもしれないが。これだけは始まってみないとわからない。

怪我のくだり。長期間離脱の苦労を知っているというのは、マネージャーにとって選手の気持ちがわかるというこれもまた重要な素質かもしれない。

いつも思うけど、彼らアスリートの不屈の精神はどこから来るのか。たとえばカソルラ。彼は年齢的にも音を上げたって全然おかしくないはずだし、最近ではコシエルニも重症からの復帰を諦めないとコメントして涙を誘った。よく家族やスタッフの支えがあるといわれるが、そこにマネージャーというトップが親身になって支えるような環境があれば、それは強いチームであるに違いない。

アルテタのアーセナル愛とリスペクトも見逃せない。攻撃フットボールという哲学、ファンを楽しませることなど、ヴェンゲリズムが浸透しているではないか。まさにヴェンゲル・チルドレン。

ただし、「(相手よりも)まず自分たちだ」という考え方は、行き過ぎるとヴェンゲリズムのダークサイドに落ちるから気をつけてもらいたいね。

彼はもしアーセナルのマネージャーになったら、カソルラをアシスタントに指名するのではないかという噂もある。もちろんカソルラは来シーズンまだ現役で見たいけど、シーズンを通して100%で動けないなら、選手兼コーチというのはじつは彼に合っているかもしれない。それもまた楽しみ。

反対意見に反対意見

アルテタがアーセナルのマネージャーに就任するにあたっては、反対意見も当然多い。22年という長期のマネージャーの後任が、よりによってマネージャー経験が皆無とあっては、これは驚くべきことだろう。

しかし逆にいえば、経験があればいいわけではない。われわれはデイヴィッド・モイーズやファン・ハールといった百戦錬磨の知将と呼ばれたマネージャーたちが、マンUでことごとく失敗した例を目の当たりにしている。

問題は、アーセナルを改善させる能力があるかどうか。それに尽きる。

そしてアルテタがアーセナルのマネージャーに就任するということは、ボードもCEOもフットボール・ディレクターもチーフ・スカウトもみんなが彼をそのプロジェクトを任せるに適した人材であると認めているということだ。プロ中のプロが大丈夫といっているんだから、これはもう信じる以外ない。

信じるものは救われる。

以上。



8 Comments on “【アーセナル新監督】過去発言から読み解くミケル・アルテタ【就任前夜】

  1. 私はアルテタ監督誕生にロマンを抱いていた一人です。ここにきて、現実味を帯びる流れが活発になってきて驚いています。
    今まで監督決定の流れが二転三転していたので、まあ気長にアーセナルのお知らせを待ちます。

    1. こんばんはー。

      基本的に金がないとか、うるさがた幹部がチームにいてみんな来たがらないとか、アルテタに決まりそうな要素がけっこうあるんですよねー。

      ぶっちゃけアーセナルはいまだにアレグリが本命で、彼のユーヴェとの契約が切れるのをアルテタで待つっていうのが、身も蓋もないすごいありえそうなシナリオではないかとぼくは推測していたり。。

  2. ヴェンゲルイズムを持ちつつ、最強シティのグアルディオラの元で学んできた訳ですから。
    ちょっと期待しちゃいます。

  3. いつも楽しく読ませていただいています。
    アレグリ希望でしたが、インタビュー読む限りでは、アルテタも、良いマネージャーになる可能性は高そうですね。数年後には。
    暫くは監督選定情報を楽しみたいと思います。
    決まったら、応援するのみです!
    これからも、記事更新楽しみにしてますね。頑張ってください!

    1. アルテタも期待してもらって大丈夫ですよー(適当)。

      これからも駄文読んでくださるとうれしいです。

  4. いつも楽しく拝見させて頂いてます。アルテタ監督かなり楽しみにしてます。密かにナポリのサッリ監督を期待してるんですがないですかね….。

    1. あー、ナポリ。観たことなくてどれだけすごいか全然知らないんすよねー。

      そのうちチェックしてみたいと思います。

      思えば、基本アーセナルしか観ないぼくもこの件で噂の監督チェックするためにいろいろ普段観ない試合をみたりしました。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.