hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビューその1】20/21EPL フラム vs アーセナル(12/Sep/2020)ニュースターズがシャイン☆理想的なシーズンスタート【コメント集】

わりと理想的なシーズンの始まりでは?

20-21シーズン、アーセナルの初戦は昇格チームのフルアム相手に敵地で3-0勝利。

わずかな心配はなくはなかったが、今シーズンからの新しい選手をふたり加えながらも大きな混乱もなく、もう1-2点くらいは取っていてもよかったというような試合だった。

相手のクオリティの分をいくらか割り引く必要はあるにせよ、アルテタの下で始まる最初のフルシーズンは非常に見通しの明るいスタートとなったように見える。ひとまずはおめでとうだ。

試合を振り返ろう。まずはコメント集から。

Debut Gabriel goal as Arsenal beat Fulham



アルテタの試合後コメンツ「ふたりは素晴らしかった」

試合直後のボスコメント。BT Sports via Arseblog

(完勝です……)

アルテタ:わたしはチームの決意が見たかった。この難しいグラウンドでたくさんのエナジーを持って昇格してきたとてもいいチーム相手に。それとトレインしてきたこと、今日見せたようなスピリットも。

(ウィリアンとガブリエルについて……)

彼らはとてもいいトレイニングをしてきた。Tbf。ガブリエルにとってはPLのこの小さなグラウンドでプレイすることはビッグチャレンジになった。彼はフランスにいたからたしか半年はまったくプレイしていないはずなんだ。もちろん、モー・エルネニーは今回も素晴らしかった。ボーイズ全員がとてもハードにトライしたよ。サブが出てきたときは、彼らがあらためてチームをプッシュした。つづけていこう。

(ラカゼットについて……)

彼はわたしのプランに入っている。わたしが大好きな選手だ。彼は後ろにはエディが控えていることを知っている。彼をプッシュしようとしているものだね。誰であろうといいシェイプのものがプレイする。チームではそれが全員に当てはまる。

(エルネニーについて……)

モーはトレイニングの初日からずっとエクセレントだ。彼とは一緒にプレイしたときもあるからとてもよく知っている選手だ。彼がチームにもたらせるものはわかっているし、彼がどれだけ成長しようとしているかも。今日の彼はマジやばかったよ。

(ホールディングのローン……)

わたしは彼に伝えたよ。考えを変えたってね。キミはどこにも行かないと。ロブもまたこのクラブにほしいヴァリューを持つもののひとりだ。彼は(ケガで)じつに困難なときを過ごしてきたが、彼はよくトレインしていたし、このクラブでプレイするのに十分だと納得させられた。そんな彼をどうしていま行かせなければならない? 彼はもう試合でプレイしている。

(オバメヤンの契約……)

わたしはとても楽観的。もう合意しようとしているし、この数日のうちにはわかるはず。

試合後のプレスカンファレンス。オフィシャルサイトのトランスクリプトより。

(ガブリエルとウィリアンについて……)

アルテタ:イエア。ふたりはとてもよかった。もちろんウィリアンはちょっと違うけれど。彼はリーグも国も知っているし、ここにかなり定着している。だから彼がすぐにパフォーマンスを見せることはわかっていた。

ガブリエルについては、6ヶ月もプレイしていなかったのだからビッグチャレンジだった。すごいパフォーマンスだった。

(ガブリエルはデビューまでに数週間は与えたかったのでは?……)

理想を云えば彼にはいくらか時間を与えたかった。なぜなら彼はチームとまだ数日しかトレインしていないし、フィジカリーにはこの半年でコンペティティヴな試合をまったくプレイしていない。だからケガのリスクもあった。

しかし彼はフィジカリーにもとてもよくパフォームしたのだから称賛に値する。とてもよかった。

(セバーヨスとエンケティアがウォームアップでクラッシュ……)

わたしは何も見てない。中にいたから。

(ウィリアンのサインはぺぺに刺激になる……)

ニコにとってということはない。思うに、今日ベンチにいた選手たち、それに今日連れてこなかった選手たち全員にとってだろう。もし彼らがレヴェルを上げるなら、チームとクラブのパフォーマンスは進歩していく。それがわたしが彼らに要求することだ。

わたしはボーイズ全員、彼らのトレイニングにとても満足している。だが、セレクションはもっと複雑になっている。スクワッドに18人しか選べない新ルールの下では、それがとてもむずかしい。

(完璧なオープニングデイとパフォーマンス……)

イエス。それにこしたことはない。選手にとってとてもいいことだと思うんだ。自信になり、信念になり、グループに早く溶け込める。

新しい選手を加えるときは、いつだってチャレンジになるものだ。しかし彼らの今日のプレイと見せたコミットメントは、すごかった。

以上。いつになくあっさりのプレス会見。

全体的にご満悦で云うことなしという感じである。よかったよかった。

セバーヨスとエンケティアの衝突

さて会見でも質問されているセバーヨスとエンケティアの件。

試合後にバーヨスとエンケティアが仲直りの写真をインスタにアップしていたのが話題になっていて、ぼくは文脈がわからず、これはなんだろう?と思っていたら試合前のウォームアップでふたりがやりあっていたという。

けっこうやりあっておる。

この動画では最初にセバーヨスがキツく当たりにいっているように見えるが、やりとりをよーく見ると削りにいったほうのバーヨスが逆にNKに何やら指摘しており、この一連のやりとりの前にすでに衝突があったぽいことがわかる。

そしてまっさきに仲裁に入るのがコラシナツ、画面右下で我関せずがぺぺか。そういうとこだぞ。なんかキャラクターがわかっておもしろい(笑い)。

でもケンカはやめてほしいね。おじさんからのお願いだ。

つづいて選手たちのコメンツを。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

Leave a Reply

Your email address will not be published.