hotいま読まれているエントリ

Arsenal, News, Player, Transfer

アーセナルがアヤックスのGKアンドレ・オナーナへ。複数の有力ソースが報じる

先日の移籍エントリでGKの噂のところ、彼の名前を書くべきところをすっかり忘れてたよねー。

そう、アヤックスのアンドレ・オナナ(André Onana)。ドーピングのバンで謹慎中なこのひとは、しばらく前に少しアーセナルが狙っていると話題になっていたのだった。

いくつかのリポートによって、アーセナルファン界隈では、昨日からだいぶ盛り上がっているこの話題。フォロウしよう。



アンドレ・オナーナとアーセナルのリンク報道

昨日、オランダの『NOS』がアーセナルとオナーナのリンクを報じて(※NOSはオランダではBBC的メディアだそうで)、ファブリツィオ・ロマーノも彼について「アーセナルのリアルなターゲット」とこの報道を支持。アーセナルファンのあいだでいっきに盛り上がった。

  • アーセナルは1月から彼のエイジェントと直接やりとりをしている
  • オナナの今後はサスペンション期間がどうなるかがカギ
  • チェズニーを連れ戻すのは無理。ノーチャンス

なお、このストーリー(オナナのサイドとAFCが1月からやりとり)を一ヶ月ほど前に最初にブレイキングしたのは、GOALのチャールズ・ワッツだった。彼の5/7のtweet.

ちょうど彼は、例のr/Gunnersの「アーセナル情報ソース格付け」で、Tier2からTier1に格上げされたところで、彼のリポートする情報の正確性がまた裏付けられたかたちである。今後は、オーニー、ロマーノ、ワッツが3大アーセナル情報ソースになるのかもしれない。

ちなみにみんな大好きアラビア語のひと、TheAFCBellは、結局Tier2としてリストされた。それもけっこうすごい。謎アカウントからいっきに認定された事情通へ。

アンドレ・オナーナの特殊事情。ドーピング疑惑へのアピール

オナーナには現在特殊な事情がある。それはもちろん、ドーピング疑いによるUEFAからの12ヶ月のバン。

彼が最後にアヤックスでプレイしたのは今年の1/31で、それからは試合でプレイしていないということ。

そのときもそれなりに大きなニュースになっていたので、ぼくもこの件はなんとなく知っていた。

本来なら12ヶ月のバンということは、2021年の今年いっぱい彼はプレイできないので、当然アーセナルはおろか、ほかのクラブのターゲットになる可能性は低いわけだが、アヤックスもオナーナもそのUEFAが下した罰に対して不満を持っていて、CAS(スポーツ仲裁裁判所)にバンの撤回を訴えようとしている。それが「水曜の朝」に予定されているということで、つまり本日(6/2)なのである。

オナーナ本人の主張は、「ただのアスピリンだと思って、間違えて妻(ガーフフレンド)の薬を飲んでしまっただけ」というもの。これってドーピングをやらかしたスポーツメンが定番的に云うやつのような。。。

UEFAが彼の主張を認めて、罰を撤回するか、あるいはバンの期間をカットするかどうか。

GKにとってドーピングの必要性を考慮すれば、もしかしたら? でも身体能力向上系じゃなく、神経を研ぎ澄ます系とかそういう場合もあるのか。それでGK能力がブーストされるのはありそうっちゃありそう。よくわかりませんな。

いずれにせよ、たとえば、それが故意ではなかったからとか情状酌量が認められて、全面撤回とまではいかずとも、仮に6ヶ月にバン期間が減るようなことがあれば、もうすでに4ヶ月は経過しているため、新シーズンからはプレイできることになる。

いまアーセナルが彼の獲得に本気だというのなら、この申し立てを勝算アリと観ている証拠かもしれない。

あるいは、冬まで半年リザーブで過ごさせるようなリスクを承知で、それでも行くのか。

アンドレ・オナーナの獲得コストは£7M?

アーセナルが、獲得してもシーズン半分は起用できないような悪条件でも彼に動くのだとすると、それだけ彼を欲しがっているということになるが、理由のひとつはクラブ財政にもあるかもしれない。Covidの打撃に、さらに来年のヨーロッパを逃したために、アーセナルの財政状況はかなり悪化している。

報じられている彼の獲得コストはめっさ安い。

Arsenal eye £7m move for Ajax keeper Onana but face wait over doping ban appeal | Goal.com

ワッツの記事によれば、もしこのアピールが成功するならば、アヤックスは夏に彼には£12Mを要求するつもりだが、彼の契約が残り1年(2022まで)ということを考えると、£7Mあたりで獲得できる可能性があるということ。なんと。

ほかのメディアでもこれに追随して、「オナーナは£7M」のように報じているところもあるので、この金額は信憑性が高いのかもしれない。

もし、ほんとうに£7M程度でファーストGKを取ることができたら、財政難のアーセナルはかなり助かる。半年くらい使えなくてもガマンもアリかもしれない。

ちなみにいま現在の彼のMVは、€30M。CLで大活躍していた2019年の12月には、€45Mまで上昇していた。

Covid下とはいえ、今日日のインフレしたマーケットで、こんなにお買い得な物件もなかなかない。

なお、それほどお買い得なら競争が発生していてもおかしくはないが、冒頭のNOSの記事のよると、マンUとPSGも彼に興味を持っているが、はじめからファーストGKとして観ているのはアーセナルだけということ。

※追記

NOSの報道には、もしオナナのバンが覆らなければ、アヤックスは彼を€2M(£1.7M)程度で売却せねばならない可能性について言及している。

アンドレ・オナーナのプロファイル

確認しよう。

TMより基本データ。

1996年4月生まれの25才。190cm。カメルーン。右足。アヤックスには2015年から。契約は2022年6月。この夏が売るタイミングになっている(※アヤックスは代替のGK、Jay Gorterを獲得するということ)。

カメルーンNTでは、2016年にデビューし18試合プレイ。カメルーンのガナーというと、アレックス・ソングとかそうでしたかね?

アフリカンということは、またAFCON問題が発生するため、ちょっと心配はある。優秀なアフリカンをチームに揃えると痛い目にあうという。

バルセロナ育ち

彼はアヤックスに移籍するまで、2010年から2015年のあいだ、ずっとバルセロナユース。例のやつか。ほらアレ。ラ・マンチャ。違うかも。

バルサユースの前は「Eto’o Academy」。エトーはあのエトーか。育てている。

 

ここからエントリの後半は、彼のスカウティングについて。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

5 Comments on “アーセナルがアヤックスのGKアンドレ・オナーナへ。複数の有力ソースが報じる

  1. このアヤックスファンの人の意見はかなり信頼できますね。前々回?のcl見た時に、チップキックが良くないなとたしかに思いました。正直レノいんのに取る必要ある?と思ってしまいます。レノの方がキックいいでしょ。gk変えんならアリソンとかエデルソン並みに、ショットストップとキックがうまい人がいいですけど、レノのままで絶対いいよ。

    1. 僕個人の感想なのですが、レノのキックにそこまで好印象はないです。特にCBとCMへのパスコースを封じられた際のFBへのフィードはそのままタッチラインを超えることがよくあったと思います。
      先日のCL決勝のゴールもGKのFBへのミドルパスによって局面を打開してのものでしたし、プレス耐性、プレス回避が必要とされる現代サッカーにおいてGKのミドルパスは重要なものになってると思うので、オナーナ獲得に賛成です。

  2. レノのキック精度は疑問ですね。前が競らないオーバってことは置いといて、ふんわりキックなので相手DFは競りやすい、距離感コースとも不安定、プレスされた後のフィードで繋がった記憶が無いです。(主観)

  3. レノのキック精度は疑問ですね。前が競らないオーバってことは置いといて、ふんわりキックなので相手DFは競りやすい、距離感コースとも不安定、プレスされた後のフィードで繋がった記憶が無いです。(主観)
    なので足下やキックの上手いキーパーは歓迎です。

  4. レノが出てきたいって言うなら兎も角、GKは補強優先順位は低いのでは…

Leave a Reply

Your email address will not be published.