hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Match, UEFA EL

【マッチレビュー】17/18UEL LAST16 アーセナル vs ACミラン (15/3/2018) 難敵を突破、アーセナルがラスト8へ

ミラン強いじゃん。サンシーロのあれはいったい何だったのか。プレミアリーグのボトムチームくらいのクオリティは余裕であった。というかホームのアーセナルと互角だった。ホームで逆に萎縮しちゃうというやつか。

Arsenal 3-1 AC Milan (Agg: 5-1): Danny Welbeck scores twice as Gunners reach Europa League quarter-finals



アーセナルのスターティン

4-2-3-1というか4-3-3。4-4-2や4-1-4-1に見える時間もたびたびあった。エジルラムジーウィルシャーが示し合わせてその都度ポジションを変えていた感じ。

17/18UEL LAST16 アーセナル vs ACミランの論点

ファーストレグから生まれ変わっていたミラン

ファーストレグと全然違ってたな。ミスも少なかったし。先週はボナヴェントゥーラ?とかいう選手がダメダメ過ぎて笑えたけど、彼は途中出場だった。だからうまくいったんじゃね?

それにしても開始1分にも満たない時間にビッグチャンスは作られるは、アーセナルは何度も何度も失点の危険があった。恐らくミランのxGは1点以上はあるはずだ。1失点で済んだのはラッキーだったろう。アーセナルの守備はあのミラン程度でも防ぐことができない。深刻だなあ。

ミランの選手ではひとりだけ。アーセナルが獲得を検討しているというアンドレ・シルヴァという22才のFW。彼はセカンドレグでもまったく輝けなかったな。とにかくオフサイドにかかりすぎ。最初のビッグチャンスも外してしまった。本来はもっといい選手なのかもしれないが、あの程度のパフォーマンスではアーセナルががっかりしているんじゃないだろうか。

赤っ恥のミランのSD氏にご愁傷さまを

UELラスト16で対戦が決まったACミランが早くもアーセナルを挑発

気の毒なのはお前だよ。という。彼は今頃穴があったら入りたくなってるだろう。口は災いのもとだな。気をつけよう。

しかし彼らは去年の夏に200Mポンド以上を遣ったというのだから、なかなか悲惨な状況である。

ウェルベックのダイブ

あんなのアーセナルが年がら年中やられてるやつじゃないか。ちゃんと手もかかってたし、何なら足も少しかかっていたように見えた。ウェルベックは胸を張ってよし。

ちなみにボスはその場面を見てないといっている。平常運転である。しかしミランの選手たちの反応からすると、もしかしてラッキーな判定だったのかもしれないとも認めている。うむ。

しかし先に失点した直後だったから、アーセナルにとってこのペナルティは悪い流れを切る重大な局面だった。勝ち抜けに貢献したグッドダイブプレイだった。

ウェルベックがペナルティを決められたのも、チームの信頼があったからだよな。あれ誰か後ろで?

コシエルニの離脱

10分で途中交代となったコシエルニが心配である。腰を抑えて苦しそうにしていた(コシだけに)。

ボスによると背中を蹴られただけで大きな怪我ではないらしい。

しかし彼の持病はかかとだけど、身体の一部をかばってまた別のパーツをやってしまうというのはあるあるだろう。背中を少し蹴られただけで試合続行できないほど痛むはずがない。いずれにせよ彼が怪我で戦列を離れるのは時間の問題であったわけで、冬にCBの補強ができなかったクラブの失策が悔やまれる。

しかしコシエルニはワールドカップ大丈夫かね。心配になってきた。

良かった選手

エジルは概ね良かったと思う。この試合で6つのチャンスクリエイト。BBCのMOM。交代時にはいつもどおりふてくされていたけれど、スタジアムは彼を拍手で送った。ただ、ひとつ気になるシーンがあって、ドンナルンマからのビルドアップ時にCBふたりをウェルベックとウィルシャーがプレスにいって、ロングボールを蹴りたくないドンナルンマがもうCMに出すしかないという「そこで詰めろ!」というシーンに近くにいた選手がのろのろと歩いている。それがエジルだった。彼の守備はやっぱりアリバイ守備の粋を出なくて、あそこはチームでちゃんと詰めないといけなかった。そこが彼の欠点でありデ・ブライネあたりとの差ではないかと。

ジャカも良かった。2点目のゴールはGKがありえない方向に弾いたのでラッキーだったとしても、守備も攻撃(ポゼッション)も利いていたと思う。彼のここ数試合のグッドフォームは、中盤でラムジーとウィルシャーと組んでいることと関係があるんだろうか。試合を通じて大きなミスもなく集中していた。

ラムジーは、来週のインターナショナルブレイク中に「小さな手術」を予定しているということで(ウェールズ代表もお休み)、100%じゃないのか悪いタッチがいくつかあった。またエジルからのボックス内でのおいしい横パスも盛大にふかしてしまった。そっちはいつもどおりか。

ジャックも、ファーストレグよりは身体がキレていたと思う。SKYのMOM。いいミドルシュートもあった。契約交渉の停滞が伝えられるなかで、イングランド代表に復帰したりと、ますますジャックの存在感は高まっている。彼はこのまま最愛のチームを去ってしまうのだろうか。

ラスト16、突破おめでとう。そして次は?

何はともあれ。ちなみにアーセナルがヨーロッパでラスト16の両レグを勝つのは03/04シーズン以来とのこと。弱いな。UELラスト16を勝ち抜けたチームはこちらである。8チーム8カ国。

ボスは早くも「アトレチコが本命で次のラスト8で当たりたくない相手」と名指ししている。まあ彼らが実力・実績ともにこのなかでは頭抜けているのは否定できない。逆にアトレチコ以外は、どこと当たってもというふうに見える。ドルトムントも消えたしな。

しかしアーセナルにとっては優勝以外あまり意味のない大会で、アトレチコとはいずれ当たるのだから次で当たったって気に病むことはない(すごく当たりそう)。

抽選は今日(金曜)の現地時間13:00から、日本時間だと21:00くらい? なむなむ。

以上。

次の試合は、日本時間で土曜24:00のレスター。おっとアウェイじゃねえか。勝たないと。COYG

※次の試合は4/1のストーク(H)でございました。ウソついてごめんなさい。週末に予定されていたレスターとのアウェイマッチは延期になって、まだ開催日が決定されていないみたいです。GoogleカレンダーのArsenal Fixtureを信じてしまいました……



2 Comments on “【マッチレビュー】17/18UEL LAST16 アーセナル vs ACミラン (15/3/2018) 難敵を突破、アーセナルがラスト8へ

  1. こんにちは

    いつも楽しく見させてもらってます。

    今週のレスター戦って、実施されますか?

    延期くさい気が・・・

    1. レスターは今週チェルシーと戦うみたいで。ぼくも朝、気が付きました。。
      本文修正しました。
      ご指摘ありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.