hotいま読まれているエントリ

Arsenal, EPL, Match, News, Transfer

【マッチプレビュー】17/18EPL レスター vs アーセナル (9/5/2018)

WBAの降格が決まったようで。

さて、アーセナルは残り2試合アウェイマッチでまずはレスター。

すでにアーセナルは6位確定で試合結果に関わらず順位は動かない。ボスの最後を見届ける以外に見どころのない試合、といいたいところだが、こうなれば若い選手たちの起用も大いにありえることだろうし、オバメヤンとラカゼットのコンビネーションはまだ観足りない。

U23インターナショナルカップはポルトに決勝で敗れてしまった。エンケティアやネルソンといった選手を使わず、わざわざファーストチームにいさせているのだから、この試合ではぜひともに起用してもらいたいものだ。



予想スターティン

4-3-3

GK チェフ

DF コラシナツ、チェンバース、マヴロパノス、ベレリン

MF ウィロック、AMN、ジャカ

FW ミキタリアン、オバメヤン、ネルソン

ちょっとした願望も含めてある。負けたってかまうもんか。

欠場は、エジルコシエルニエルネニー、そしてカソルラ。ちなみにコシエルニは6ヶ月の離脱が改めて確認された。そしてカソルラについては、残り2試合も出すつもりはないとのこと。たしかにトリビュート起用ならいざしらず、セットバックのリスクをかけて使うような試合ではまったくない。

エジルの疑惑?

ボスのエジルについてのコメント

ヴェンゲル:(エジルは今シーズンはもう見られない)たぶんね。

彼は月曜にも背中の治療をしていてまだ戻れない。マドリッドでのハーフタイムにはもうやってしまってたんだ。彼は怪我があったんだよ。トレーニングもできていないんだから、今シーズンもう一度プレイできるとは思えないね。

ラカゼットみたいに怪我をおしてプレイしてたってこと? そりゃだめでしょ。エジルへの批判についてはボスも心を痛めているらしい。

フットボールプレイヤーは自分でいつプレイするか選ぶことはできない。メディアがネガティブに物事を報じたがるのもわかるが、彼が怪我をしたといったら、それは怪我なんだ。

しかし以前には怪我だ病気だといいながらトルコで遊んでたり(昭和の人だけに誤解を生む表現)、仮病を疑られてもしょうがないことをしている。キーオン氏の追求は容赦なさすぎとは思うけれど、そういったことを見返してほしいのだよね。エジルには。

コシエルニからファンへのメッセージ

コシエルニ:怪我をしたときから、たくさんのメッセージありがとう。手術はうまくいった。これがぼくの新しいステージの始まり。戦うって決めたんだ。ぼくだけじゃなく家族、友人、ぼくをサポートしてくれる人たちと一緒に。バイバイ。

泣ける。

この姿を見られるのももう少し。

ST ALBANS, ENGLAND – MAY 08: Arsenal manager Arsene Wenger during a training session at London Colney on May 8, 2018 in St Albans, England. (Photo by Stuart MacFarlane/Arsenal FC via Getty Images) *** Local Caption *** Arsene Wenger

ボスのみことば

なんか憑き物がとれたみたいにキラッキラの顔してる。

‘Yes, I’ve had offers. More than I expected!’

(後任については話は聞いてますか……)

ヴェンゲル:ノー。

(エンリケかアレグリ、どう思いますか……)

彼らのことは知っている、とても優秀だしいいんじゃないかな。わたしはファンと同じように、クラブの決断を待っているし、決まったらその人がうまくできるようサポートはするよ。

(経験豊富な人と若い人とどっちがいいですかね……)

ルック。何度もいっているように、公の場でそれについて何かいいたくない。もしわたしが、これこれこういうのがいいなんていい出したら、担当者にプレッシャーを与えてしまう。わたしはニュートラルでいるべきなんだ。クラブが助言を望むならいくらでもアドヴァイスはしよう、しかし基本的にはわたしはそれについて話すつもりはない。

(もしかしてもうジョブオファーはけっこう来てたりとかするんすか……)

イエス。思ったよりたくさん来ているね!

(オファーにはどんなふうに対応するんすか……)

現時点では仕事に集中しているよ。何の分析も検討もしていない。契約の最後まで仕事を全うしたい。その後に少し休んで次に行くよ。アクティブに動いているということはたしかだ。わたしの脳が仕事を要求しているんだよ。わたしには超豊富なマネジメント経験がある。まあ働くことになるよ。何をやるかといわれてもまだ自分でもわからないんだ。

(イングランドのクラブからもオファーが……)

ここで何か突っ込んだことや詳しいことを話したくない。

(マネージャーの仕事を続けるのか、それともFIFAやUEFAなんかに行ったりとか……)

正直なところ、わからない。よく考える必要があるよ。わたしは緑の芝生が好きでね。毎朝散歩するんだ。それを今後も続けるかどうかわからない。可能性はあるけどね。

(2018年にアウェイでのポイントがありません……)

そうだ。それは本当だ。ラスト2つのアウェイゲームは勝ちたい。だがこれは指摘しておきたいが、少し特殊な状況もあったんだ。リーグカップファイナル、ヨーロッパリーグセミファイナル、こういったカップゲームのためにアウェイではローテーションもした。いずれにせよ2勝で終えたいし、だからこそ勝つためにすべてを捧げて明日のレスターに向かう。

(ユースチームの今シーズンの成功はボスの遺産……)

イエス。それはわれわれのクオリティや価値の一部だ。それは今後も続いていく。アーセナルはとても人気のあるクラブで、世界中でリスペクトされている。そのリスペクトの一部が、ユースがチャンスを掴んだという事実につながる。

(ボスはこのあとどこで……)

メディアで働くのだけはゴメンだね!

(英国のクラブを率いる可能性……)

現時点では、それは難しいだろうね。想像できない。

ところでわたしの最後のプレスカンファレンスのひとつは、デイヴィッド・デインへの感謝で終わらせたいと思う。彼がわたしをここに連れてきてくれた。彼は特別な未来へのヴィジョン、プレミアリーグへのヴィジョンを持っていた。またわたしという外国人マネージャーについても。ここの誰もがわたしを知らなかったときにチャンスを与えてくれた。感謝したい。彼はこの22年間いつも変わらぬサポートをしてくれた。感謝を受け取ってもらいたい、だって彼は特別な人だから。

(ワールドカップ前に退任を発表するのはいいアイディアだったんでしょうか……)

もちろんだよ。わたしは早いほうがいいと思っていた。みんなが希望を欲しがっていて、次のシーズンへの準備も必要だ。スクワッドはさほど大きな追加は必要ないと思う。すでに大きなポテンシャルがあるから。いいスピリットがあり、いい基礎がある。来シーズンは2人か3人の追加でタイトルを狙えると思っている。

(移籍市場で大きな投資があると思いますか……)

いや、ないだろうね。それは今日では難しいことなんだ。なぜなら70Mポンドのディフェンダーがいたとして、それは彼にふさわしいのかふさわしくないのか。誰にもわからないんだから。

(何人かの選手がボスを父親みたいだといっていました。ボスの退任で後遺症があるのでは……)

ノーだ。彼らをガイドしてベストを引き出すためにここにいた。何人かの選手、たとえばジャック・ウィルシャーなんかは、彼が15くらいのときから知っている。もちろん、キッズがメンになるのを見てきたのだから特別な関係がある。難しい時期を乗り越える手助けもした。ジャック・ウィルシャーは数年であっという間にスーパースターになってしまった。あれくらいの年齢が一番難しい。彼らには手助けが必要だ。

レスター・シティについて

よくわからないが、監督のピュールが解任されるらしい。ヴェンゲルのプレス会見でもこの件についていくつかの質問が出ていた。ここ6試合でW1 D1 L4。うーんこれじゃあ首が飛んでもおかしくないのかあ。

怪我人が多いようだ。シュマイケル、オカザキ、エンディディ、シンプソン、フースがアウト。

前回対戦はどうだったか

アンリ、17/18EPL開幕戦のアーセナルに落胆

開幕戦のアレか。ホームで3失点。4得点で首の皮一枚つながったけど。「まったく進歩が見られない」とアンリ氏も激おこである。

試合結果予想

WhoScored.com 1-2でアウェイチームの勝利

BBC SPORTS(ローロ予想) 1-1でドロー

SKY SPORTS(ポール・マーソン) 0-3でアウェイチームの勝利

スコア予想は珍しく割れた。しかしアウェイにも関わらずアーセナルの敗戦を予想したところはナシ。SKYにいたってはクリンシートで3点取るとか。

ぼくはローテーションを予想しているんで、BBCのドローっていうのが一番リアルかなと。

試合については以上。

アーセナル移籍ニュース

時期マネージャーはワールドカップ前に決定したい

Arsenal expect to name Arsene Wenger successor before World Cup

ここ数日で、すっかりアレグリかエンリケで絞られた的な報道になっている。本当か?

ちなみにワールドカップ・ラッシャのキックオフは、6/14。もうすぐじゃん。

ジャック・ウィルシャーの契約更新に自信あり

ボスが語った。

ヴェンゲル:彼と最後にした会話はポジティブなものだったよ。わたしはもう選手たちとの交渉には関わっていないんだ。ジャックとはつながりがあるし、彼がわたしの助言を求めればそうすることはやぶさかではない。

わたしは確信しているよ。これまでのように、彼の将来はここにある。わたしがいつも願ってきたことだし、それは起きるだろうね。うん。

ジャックはやっぱり今のチームのなかでは特別な選手だもんなあ。No.10シャツにふさわしい選手になってもらいたいよ。

リヤド・マーレズはアーセナルを希望

何日か前のニュースで、スルーするつもりだったんだけどレスター戦だしせっかくなので。

Riyad Mahrez wants to complete summer move to Arsenal – TRANSFER EXCLUSIVE

マレズ本人がアーセナルを希望しているとか。いやあ。遅かったね。遅かった。

シティからの50Mポンドオファーが断られたってんだから、それ以上のコストは必至。夏の補強予算が50Mなんだから、無理に決まってる。

昨日だかおとといだかに、リヨンのフェキルがリヴァプールに決まったなんてゴシップもあったが、フェキルだってこの夏にアーセナルが獲るなんて思えない。マルシャルだってフェキルだってフォルスベリだって、ラカゼットとオバメヤンがいて、エジルにミキタリアンもいるんだからどうしても必要というわけではない。攻撃の選手は非常にプライオリティが低い。

これまでのアーセナルなら、守備を疎かにしたって攻撃の選手を補強したかもしれないが、さすがにそんな馬鹿げた作戦で動くようなサンレヒやミズリンタットではないはず。

ベルント・レノがナポリを一蹴

そんなわけでアーセナルのプライオリティは、GK・CB・DM。

GKでは、アーセナルが狙うひとりといわれるレヴァークーゼンのレノがナポリのオファーを蹴ったと話題。代理人のコメントらしいので間違いないだろう。「ナポリはオプションに入っていない」。理由は定かではないが、本人の希望か。

これで、レノに本気なのはアーセナルとアトレチコになるとのことであるが、本人がアーセナルに特別な思いを抱いているとかでない限りは、アトレチコの一択に違いない。チャンピオンズもあるし。彼らがレノに行くということはもちろんオブラクの後釜ということであり、オブラク売却で100Mユーロ程度入るので予算も潤沢。何の障害もない。

Napoli out of race for Bernd Leno as agent calls off transfer talks

われらのGKはいったい誰がくるのか。早く決めてほしくて震える。

以上。



3 Comments on “【マッチプレビュー】17/18EPL レスター vs アーセナル (9/5/2018)

  1. 予算的なことを考えてもGKより、CB、ベジェリンのバックアップのRB、単純に数が少ないCMの方が優先されるんじゃないでしょうか。確かにチェフは衰えていると思いますが、フリーダムな守備組織の被害を被っている部分も少なからずあると思うので、まずはそっちの補強からかなーと個人的には思います。

    1. や、GKのプライオリティは高いですよね? チェフのやらかしはリーグワースト。彼はずっと衰えてきているんでたまたまとかじゃない。

      CMは、ラムジー、ウィルシャー、ジャカ、エルネニー、AMNとわりと頭数だけはいます。ここに欠けてるのは「ディフェンスのマインドを持った屈強なDM」でファンが一番望んでいるものでもあると。それをマイヤーでお茶を濁すのかどうか。

      RBのサブはあまりうれしくはないけど、クラブが最悪チェンバースとかAMNでしのげると考えているように思います。少なくともこの冬にはそう思っていたはずで。

      少ない予算を前提にあえて補強の優先順位をつけるとすれば、

       CB ≧ GK > DM ≧ RB

      くらいじゃないすかね。

  2. 個人的にはCB起用も可能なディフェンシブな中盤の選手っていうのがずっと補強優先項目第一でしたが、コシェルニーの怪我で自分も優先順位 ◎CB >◎ GK >>中盤(守備的)>>2列目(ドリブラー的な人) っていう感じです

    特にCBはエバンスなんかでお茶濁すんじゃなくて、かなりつぎ込んで当面の1st チョイスを獲得する必要があるんじゃないかと。。この半季でかなり落ち着きをみせてくれてるチャンバース、フィジカル面含めポテンシャルをみせてくれたMavropanosと若手がいることはポジティブですが、ムスタフィ含め1stチョイスとしては不安しかないですし。
    (新監督が誰であれ)3バックのさいにモンレアル、コラシナツのDF起用は考えにくい
    結構なDFが必要なんじゃないかと。

    GKは整理する季節が1年遅れた感がありますが、今夏オスピナ、Emiliano Martínezの売却、第1GKの獲得、チェフのセカンド降格が理想ですよね
    オスピナで妥協する案もありえるでしょうが、個人的にはもう1年チェフにいてほしい
    特にウォルコット移籍、メルテザッカー引退、コシェルニー長期離脱とあって、まとめ役っぽいチェフは必要な存在に見えますし。

    長文失礼しました
    とにもかくにもまず新監督!自分はジャルディム好きですが、現状なさそうなんでアッレグリ推しです!笑

Leave a Reply

Your email address will not be published.