hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Behind The Scene, EPL, Wenger

「英プレミアリーグのクラブ運営モデル」ディック・ロウ2017年のプレゼンより

先日、2019夏のアーセナルの移籍ポリシーについてのオーンステインのリポートを紹介したエントリで、来月アーセナルの新テクニカルディレクターに就任するという元アーセナルMF、エドゥについて示唆的なことが書かれたブログ記事を読んだと書いた。

その記事のなかで、2017年にブラジルで行われた「Somos Futebol 2017」というフットボールコンヴェンションでのプレゼンの様子が紹介されているのだが、デイヴィッド・デイン、ディック・ロウ、エドゥ・ガスパールという新旧アーセナルのディレクターが揃い踏みでプレゼンテイションを行うというアーセナルのファンにとっては特別に興味深い内容となっている。

なかでもEPLのクラブ運営モデルを詳しく説明しているディック・ロウのプレゼンが興味深く、今回はそれを紹介したい。

フットボールクラブの「運営モデル」という若干マニアックなトピックながら、基礎的なクラブのストラクチャについて紹介されていたり、ヴェンゲルさん時代のモデルなども紹介されているので、クラブの裏側を知りたいフットボールファンのみならずアーセナルのファンも楽しめる内容だと思う。



Who is ディック・ロウ?

プレゼンを紹介する前に、ディック・ロウ(Dick Law/Richard Law)について。

ロウはアーセナルの元スポーティング・ディレクター(※正式には「フットボール・オペレイション」のよう)で、ミズリンタットが来るまではアーセナルで移籍関連業務をまとめていた。

このプレゼンのなかでも自分がアーセナル時代にどのような役回りだったか自ら説明しているが、CEOとヴェンゲルさんのあいだに立つという大変に重要な役回りだったことがわかる。アーセナルには8年おり、ヴェンゲルさんの信頼も大変に厚かったという。

近年のロウの功績としては、エジル、チェフ、ラカゼットといった選手を連れてきたこと。一方で、イグアイン、スアレス、エンバッペやレマールの獲得には失敗している。

そして2017夏のデッドラインデイ土壇場でサンチェスの売却&レマール獲得に失敗。彼の退任は、あのドタバタ劇の引責辞任という意味もあったのだろうか。その後のことを考えれば、アレはそれほど痛かった。

ということで、このプレゼンはタイミングとしてはアーセナルを辞める半年ほど前(2017年5月)のものだったことになる。

“2017 Somos Futebol”とは?

「Somos Futebol(わたしたちのフットボール)」は、ブラジルフチボール協会(CBF: Confederação Brasileira de Futebol)が主催する大規模なコンヴェンション。ぼくは全然知らなかったが、もしかしたら誰でも知っているのかもしれない。

WEBサイトを見ると、この回の登壇者にはファビオ・カペッロやマルチェロ・ビエルサ、現在ブラジルNTのコーチを務めているチッチといった有名人も名を連ねている。

それとロウのプレゼン前の挨拶では客席のジルベルト・シルバにも謝辞を述べているので、いわゆるVIP的な参加者もそれなりにいたのだろうと推測される。

ではディック・ロウ(リチャード・ロウ)のプレゼンを見てみよう。

「プレミアリーグクラブの運営モデルについて」by ディック・ロウ

以下映像の1:02:30あたりから(※この映像はライヴストリーミングのアーカイブのようで、のべ3時間以上ある)。

ぼくの説明がまどろっしければ映像を観たほうが早い。ブラジル人たちがメインの聴衆だからか英語が比較的わかりやすい。わざと平易な単語を選んでいるためかもしれない。

スライドごとに要点を箇条書きで。

1、フットボールクラブのマネジメントモデルはどのようにワークしているか

  • PLクラブのマネジメントモデルは単一ではなく、変わり続けている
  • 大きく分けて3つのモデルがある
    • おなじみのモデル、ディレクター・オブ・フットボール
    • コミッティー(委員会方式)
    • 比較的新しいモデル、エグゼクティヴ・ディレクター
  • 加えてアウトライヤモデル(例外モデル) それは以前のアーセナルFCのモデル

2、フットボールクラブの職分(部門)

<伝統的マネジメントの職分(Traditional Management Responsibilities)>

  • 図は伝統的マネジメントモデルのベイシックなファンクション
  • (順不同)メディカルチーム、強化とコンディショニング、リクルート・スカウティング、選手トランスファー、選手契約、ファーストチームのマネージャー、チームロジスティクス

これらは不変なもの。では、近年フットボールマネジメントで何が変わったか。

<モダンマネジメントの職分(Modern Management Responsibilities)>

  • 今日ではより複雑になっている
  • あらたに増えたのは、以下
    • チームパフォーマンス。これはかなり重要。チームサイコロジー(心理学)。どうやってチームをアゲていくか
    • コミュニケイションズ。これは劇的に変わった。毎日のように変化している。とくにソーシャルメディアのインパクト
    • (ほかにはテクノロジー、分析的リクルート)
  • 複雑化を示す例として、強化とコンディショニングの部分。10年前はホールディングMF/ボランチは、FWと同じようなフィジカル調整だった。しかしいまではポジションごとにフィジカルトレイニングのやり方が違う
  • チームロジスティクスについて。飛行機、バス、ホテル、いまでは出入国管理のスペシャリストまでいる
  • テクノロジーについては、この5年で爆発的なものを見てきた。アーセナルの選手は全員がトレイニングでGPSユニットを背中につけピッチ上の動きがトレイスされる。その後にはマネージャーが個々の選手パフォーマンスをレヴューする。どれだけ走ったか、どれだけ速く走ったか、どちらの方向に走ったか
  • もうひとつテクノロジーについてささやかな例。アーセナルアカデミーの選手たちの親はスマートフォンアプリで、子どもたちがいつトレイニングしたか、コーチ、フィジオは誰だったかなどを確認できる

データやオーガニゼイション、マネジメントはこんなふうに変化している。答えはひとつじゃない。

つづいて、わたしがとてもよく知っているクラブ、アーセナルがどのような相手とPLで戦っていたかについて。

3、PLの3つのマネジメントモデル

<1 ディレクター・オブ・フットボール方式>

  • これはかなりスタンダードなモデル(マンシティの例)
  • 私見だが、マンシティはマンシティブランドのうえにストラクチャを構築している
  • マンシティはPLでの成功をグローバルレヴェルで持ち込もうとしている
  • グローバル・テクニカル・ディレクターがこれらの国のフットボールオペレイションを手伝っている
  • 同じようにマンチェスターにいるマンシティのディレクター・オブ・フットボールが、マンシティのフットボール部門の責任者となっている
  • USA、オーストラリア、ユルグアイ、日本で投資している。つまり南米、アジア、ヨーロッパでのプレゼンス
  • マンチェスターではDoF(チキ・ベギリスタイン)がフットボール部門すべてを統括するという伝統的な方法

<2 コミッティー方式>

つぎはDoFモデルとは少し違うストラクチャ。現在のPLでは主流派だと思う。

  • これはコミッティー(委員会方式)と呼ばれるもの
  • ディレクター・オブ・フットボールあるいはスポーティング・ディレクターと呼ばれるひとたち、彼らの責任はリクルート、選手契約、分析、移籍交渉、ロジスティクス、メディカル、強化・コンディショニングといったものになる
  • しかし、彼らは何も決定しない(決定権がない)
  • 決定はグループで行われる(CEO、コーチ、DoF/SD、ヘッド・オブ・スカウティング、ヘッド・オブ・ファイナンス)
  • DoFやSDは、むしろ情報官のようなもので、委員会グループに情報をもたらす役割
  • わたしの考えでは、このやり方には弱点がある
  • まず選手の売買といった重要な案件でたくさんの意見があるということ。たくさんの意見があればバイアスの最小化はできる
  • しかし明確な最終決定者がいないということが問題
  • わたしはこの委員会方式は気に入っていない。単純にどこかの時点では誰かが決定しなければならないから

<3 エグゼクティヴ・ディレクター方式>

これは新しいモデル。ジャーマンフットボールで見られるものだ。「Co CEO」などと呼ばれているもの。

たとえばサウサンプトンがこれを採用している。サウサンプトンのオーナーシップがドイツ人だということはたぶん偶然だろう。

  • CEOがコマーシャルとファイナンスを担当。マーケティング、チケッティング、スポンサーシップ、ステディアムオペレイションズをやる
  • そしてもうひとりのCEO(Co CEO)、それが「エグゼクティヴ・ディレクター・フットボール」で、彼が選手デヴェロプメント、テクニカル・ディレクター、ファーストチーム・マネージャーを見る
  • 各部署はそれぞれのCEOにリポートし、ふたりのCEOはチェアマンにリポートするという流れ
  • もちろんふたりのCEOはともにワークしなければならず、相性がよくお互いを熟知しているふたりのCEOは、チームプレイヤーを選ばねばならないので、彼らを選任するチェアマンの責任が重い。もしこのバランスが悪いとすべての部署がうまくワークしない

ところで、この世の中でもっとも成功したフットボールのマネジメントモデルはなんだろう。30年、25年、そのくらいで。

これがわたしが云うところのアウトライヤモデル。

4、ハンパない成功を収めた例外的モデル:ファーガソンとヴェンゲル

<X 例外モデル>

ちなみにこのモデルはもう存在しない。

もうマンUもアーセナルもこのモデルは使っていないが、すごい成功を収めたこのモデルについて簡単におさらいしたい。

  • このモデルではマネージャーが完全なフットボールにおける決定権を持っており、エグゼクティヴ・ボード・メンバーとの距離がめちゃ近い
  • マンUではデイヴィッド・ギルとアレックス・ファーガソン
  • アーセナルではデイヴィッド・ディーンとアーセン・ヴェンゲル

このモデルがもたらしたもの。

  • 長期のマネージャーにも関わらず、ふたりの安定した成績はすごい
  • 特筆すべきはこのふたりがフットボール部門のコントロールを完全に掌握していたということ
  • もうひとつ興味深いのは、投票権がないのにボードには席があったこと

今日のアーセナルについて、われわれのオーガニゼイションチャートはこんな感じ。

※中継でカメラがスライドに切り替わらなかったため詳細が見にくい。。
  • まずCEO、アイヴァン・ガジーディスがトップにいる
  • その下にいるマネージャー(ヴェンゲル)がすべてのフットボールオペレイションの責任者。すべての部署はマネージャーにリポートする
  • わたしはフットボール・オペレイションという部署にいる
  • フットボール・オペレイションの仕事はCEOとマネージャー、それと契約チームのサポート
  • スクワッド計画、契約交渉、代理人との交渉、選手の売買、アカデミーのコーディネイションも
  • 契約チームのチーフ・ファイナンシャル・オフィサーや弁護士、クラブセクレタリとは密に仕事をする
  • 一番重要な仕事はすべての契約が正しいかどうか、FAやFIFAのルールに抵触していないかの確認といったもの

5、ヨーロッパでのトレンド

最後はヨーロッパ。たくさんのマネジメントストラクチャがある。

  • ユヴェントス、インテル・ミラン、FCバルセローナ、ヴァレンシアほかたくさんのクラブが、DoF(/TD)がスーパーヴァイザーとしてフットボール部門を統括しており、選手やコーチの雇用や解雇も彼らが行う。それが伝統的フットボールモデル
  • 世界でもっとも成功しているクラブのひとつであるレアル・マドリッドにはDoFがいない。以前はいた
  • 彼らはプレジデントとジェネラル・マネージャーがフットボールエリアも統括しているおり、誰かひとりの人格にそれを担わせることを避けている

以下が注目すべきトレンド。

  • フットボール・ジェネラル・マネージャー、あるいはエグゼクティヴ・ディレクター、またあるいはフットボールCEOの存在
  • これを採用しているのはメンヘン・グラッドバック、ローマ。モンチがセヴィーリャからローマに行って彼の仕事の一部はフットボールCEOになった
  • バーゼルとベティスも
  • このモデルを採用するクラブはこれからもっと増える

(後略&以上)

このあとはEPLがラ・リーガなどと比べていかにクラブ間格差がないか(1位と20位の賞金差。PLは1.5倍、リーガは10倍違う)等を説明して、PLの競争力と魅力の根拠としている。ブラジルの聴衆にもPLのいいプレゼンテイションになったようだ。

クラブ関係者から直接こういう話を聞けることはあまりないので、個人的にも大変に興味深かった。

※このエントリ全体カタカナが多いしレイアウトもアレで読みにくかったら大変申し訳ない。

現在/過去のアーセナルFCのマネジメントモデル

読んでいて途中で気づいたひとも多いと思うが、現在のアーセナルのマネジメントモデルはバッチリ「エグゼクティヴ・ディレクター」モデルとなっている。

これは今からおよそ2年前のプレゼンで、当時はヴェンゲルさんもロウ本人もまだクラブにおり、将来クラブがどうなるかの予測はそれほど簡単ではなかったはずだが、いみじくも現在のアーセナルの姿を予言的に云い当てていたことになる。

チェアマンの下に、コマーシャルとファイナンスを統括するヴィナイ・ヴェンカテシャン、スポーツサイドを統括するラウル・サンレヒのふたりが並列に並び、ディック・ロウ風に云えば「ふたりのCEO」がクラブ運営を協力して統括している。

スライドで云うと、サウサンプトンのくだり。

たった2年くらい前までの、CEOからマネージャーの下にスポーツの各責任部門がずらりと並ぶ旧式な体制が、モダンな体制にガラリと変わったわけだ。大変革と云っていい。

こうして見ると、現代的な価値観からしてあらためてヴェンゲル体制のいびつさが浮き彫りになったとも云えるし、一方でヴェンゲルさんというマネージャーの優秀さもまた類まれなものだったと思える。ひとりでなんでもやって、なおかつあれだけのことをやってきたのだから。

一説によると2007年にディーンがクラブを去ってから彼の責任範囲もヴェンゲルさんが担うようになり、結果的にあのような<独裁体制>のようなかたちになったというが、ヴェンゲルさんにとってこの範囲での権限を持つことが自分のなかでのスタンダードになっていたとするなら、彼がマネージャーをやる新しいクラブをなかなか見つけられないのも道理かもしれない。

このプレゼンでも指摘されているように、このような規模のクラブでひとりに何事も任せるような、かつてのユナイテッドやアーセナルのようなストラクチャのクラブはもうフットボール世界に存在しないのだから。

以上



3 Comments on “「英プレミアリーグのクラブ運営モデル」ディック・ロウ2017年のプレゼンより

  1. 今はエグゼクティブディレクター方式ですが、ガジディスやミズリンタートがいたときはコミッティ方式だったんですかね?

    1. お、鋭い。。

      また別で書こうと思って書かなかったんだけど、おっしゃるとおりガジディスとミズリンタットがかぶってる短い期間に、アーセナルはコミッティ方式を模索していた可能性があるようっす。

      メンツはガジーディス、サンレヒ、ミズリンタット、エメリ、ファーミー(弁護士・契約担当)、ローゼンフェルド(StatDNAのCEO)、あとはヴェンカテシャン? そのあたりらしいっす。

      1. ガジディスはともかくとして、ミズリンタートはコミッティ方式に移行する際の煽りを受けた可能性がありそうですね。コミッティ方式でいけば、ミズリンタートのポジションはサンジェイの下になりますからね。あれだけ補強を成功させたミズリンタートに役職を与えないとは考えづらかったのですが…あの退任劇の裏が何となく見えてきた気がしますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.