hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, Match, UEFA EL

【マッチプレビュー】19/20UEL R32 2ndレグ アーセナル vs オリンピアコス(27/Feb/2020)失点が命取り

ELラスト16への進出をかけたオリンピアコスとの180分の戦いは、アウェイの前半を1-0と先行することに成功。セカンドレグはホームアドヴァンテッジで逃げ切りを図りたいところ。

ただ、1ゴールという最少得点差で万が一先に失点するようなことがあれば、数字のうえでは今度はアウェイゴールの分オリンピアコスが有利に。状況は一転してホームチームにプレッシャーがかかる。攻めて勝ちたいが失点が命取りになりかねないという、なかなかトリッキーな試合だ。

来シーズンのCL出場のため、今年も是が非でもほしいELタイトル。こんなところで敗けるわけにはいかない。先勝しているからとまったく気が抜けないリターンマッチである。

Arsenal vs Olympiakos preview



アルテタの試合前コメント「この2ヶ月でクラブのあらゆる部分が進歩している」

オフィシャルサイトより試合前プレスカンファレンス。今回はラカゼットが同席した。

写真は@charles_wattsより

それぞれに向けた質問回答があるが、珍しいことにラカゼットの受け答えのほうがアルテタよりもずっと多い。この試合への興味よりも、ラカゼット個人へのほうが関心が高い証拠かもしれない。プレス諸君は、もうオリンピアコスに勝った気でいるのかな?

試合について

(ファーストレグでもっとも満足したことは?……)

アルテタ:パフォーマンス全体にとても満足した。コントロールに問題があった最初の10分は除くが。守備やファイナルサード、その他いくつかもそう。前に進んで危険な状況を作り出せたところを、逆にヤバいエリアで簡単にボールを渡してしまった。

しかしそういったことを除けば、難しいステディアムでいいチーム相手に、チームはたくさんのパーソナリティでプレイした。彼らにはグレイトな記録もある場所だ。なんとか得点し試合に勝てた。それもポジティヴだ。

CLへの道

(コンペティションごとに優先順位をつけるべきか。それとそれがチームセレクションに影響するか?……)

チームセレクションについては、わたしがトレイニングで見ているもの、選手たちが相手に対して行っていることに基づいている。

われわれにはヨーロッパ行きの3つのルートがある。この3つのどの可能性も最大化せねばならないし、試合ごとにやっていかねばならない。それが現時点でわれわれにできるすべてだ。目標達成まではまだ長い道のりがあるから。

(PLからのCLはリアリティがあると?……)

たくさんの試合に勝つ必要がある。今後もとても安定して団結してやっていかねばならない。われわれはまだ2試合に勝ったというだけで、それは十分ではない。

チームについて

(チームの進捗……)

この2ヶ月でたくさんのことが起きた。クラブのあらゆるところで。わたしはこのチームはとてもよく進歩していると思う。クラブはいいところを見るようになったし、われわれもクラブの各セクションでよりまとまるようになっていると思う。エミレーツでもアウェイでも、プレイするときはファンからのグレイトなエナジーのバックもある。

たくさんのポジティヴなことがらがあるが、まだやるべきことはたくさんある。たくさんのことで進歩するために、個人でも、集団でも、クラブとしても。いまそのプロセスの最中なんだ。

(PLのフィジカリティについて……)

12月と1月のカレンダーの過密具合について話したように、たいていは2月に入る頃に苦しみ始めるんだ。3月のインターナショナルブレイクで、チームはまたフレッシュになりシーズン終盤に入っていく。

それがプロセスの一部であり、なぜこのリーグの要求が高いか、プレイするのがナイスな場所かということ。たくさんの試合があるが、フィジカリーにはタフだという。

コラシナツのケガについて

(コラシナツの最新の情報……)

彼は今日専門家が診ている。午後には詳しくわかるだろう。しかし、そうだね。彼は痛がっていた。難しい場所で、とても楽観的とは云えない。

(セアドは今シーズンまたプレイできる?……)

願わくば、イエス。しかしわからない。脱臼していたか、手術か必要かどうかにも依る。

「ヨーロッパ行きの3つのルート」ってPLとELとあとひとつはなんだっけ?

しかしコラシナツはまずそうですな。本人がソーシャルメディアにポストした写真も痛々しかったが、今シーズン絶望もありえるとなると、昨日のCBエントリの話ではないが、彼もまた夏に(売りたくても)売れない選手になってしまうかもしれない。いろんな意味で悲劇。

※以下追記

アルテタのコメントにファン大喜び👏👏👏「ハリー・ケインは……」

公式のトランスクリプトから漏れていたコメント。ぼくもTwitterで盛り上がりを見ていたのに、すっかり忘れてた。オバメヤンについてこんなコメントが。。

アルテタ:オーバはリーグ一流のベストスコアラーだ。過去10年間、彼が試合でやってきたことはとんでもないことだ。わたしの意見だが、彼はベストだよ。

(ストライカーがグレイトだと云われるにはシルヴァーウェアが必要?)

そうだね。でもハリー・ケインはシーズン30ゴールするが、タイトルを取ったことはない。たくさんのトップチームがいても、そこでリーグを勝てるのは1チームしかない。

ハリー・ケインはシーズン30ゴールするが、タイトルを取ったことはない。

ハリー・ケインはシーズン30ゴールするが、タイトルを取ったことはない。

ハリー・ケインはシーズン30ゴールするが、タイトルを取ったことはない。

クラブの公式メディアとしてこの発言を省略した理由もわからないでもない。。

ToTの空のトロフィキャビネットだとか、新ステディアムが便器みたいだとか、こういうネタで大喜びするのが当地のファンメンタリティなんだよなあ。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

5 Comments on “【マッチプレビュー】19/20UEL R32 2ndレグ アーセナル vs オリンピアコス(27/Feb/2020)失点が命取り

  1. ヨーロッパへの3つのルートの残りはFAカップでしょうな。ELだけど軽視してないよっていう話でしょうね。

    復調傾向にあるといえ、PLは他力本願なので、ELをこのラウンドで落とすわけにはいかないですもんね。がんばってほしい。COYG

    1. > ヨーロッパへの3つのルートの残りはFAカップでしょうな。

      そうらしいっす。。ヨーロッパ=CLという思考回路ではそこに思い至りませんで。

  2. エバートン戦後のコメントから考えるとギリシャからの移動もあって完全に回復できてなかったみたいですし、そこから移動の無い中三日でどこまで回復できるんでしょうか
    サカ、セバージョスは特に故障しないか心配だなぁ。マルティネスが居るのでオーバもベンチででいいんじゃないかって気もしますけど
    出来るだけベストメンバーがいいのは間違いないですけど怪我だけはして欲しくないですね。COYG

  3. ケガなく勝ち抜け、他の強豪がコケてくれるのが最高のシナリオですね。特にユナイテッド。
    ラカゼットはリヨン時代は王様で20ゴールとかぶっ込んでたのがゴール欠乏症とか、同じチームにプレミア得点王がいるとか、9番を背負うストライカーとしては悔しくないはずないのに、その献身的姿勢には本当に頭が下がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.