hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL アーセナル vs クリスタル・パレス(14/Jan/2021)ふたりのガビ&パーティの復帰

FAカップをはさんだので、PLは約2週間ぶり。アーセナルの18試合めはホームにクリスタル・パレスを迎える。

なんとつぎの試合でシーズン前半を折り返すのか。早い。

ガブリエル(ガビ)とガブリエル(ガビ)の復帰、それについにトーマス・パーティが試合に戻ってくるということで、スクワッドにとってはちょっとした節目となりそうな試合。

もちろんここで勝てば5連勝(PLは4連勝)。必勝祈願。

ざっとプレヴューしてゆこう。



アルテタの試合前コメント

月曜に行われた試合前プレスカンファレンスについては、すでにこのブログでも伝えたとおり。

【試合前記者会見】20/21EPL アーセナル vs クリスタル・パレス(14/Jan/2021)「この2試合が決定的になる」 | ARSENAL CHANGE EVERYTHING

この試合と、つぎのニューカッスルのホーム2試合が、今シーズンを決める非常に大事な試合だと述べていたよ。

そしていつものように、プレス会見のあとにいろいろとメディアのインタヴューに応えている。

トマス・パーティの復帰を喜ぶアルテタ

Return of ‘special’ Thomas Partey will lift Arsenal, says Mikel Arteta

アルテタ:彼にはまた違ったプレゼンスがあると思う。チームに違う何かをもたらす。彼の才能だけではなく、フィジカリティだけでもない。人間としての彼だよ。彼は周囲の選手たちをよくするし、それは大きな大きなクオリティだ。

いま1月のわれわれは素晴らしいが、彼とサインした8月から何度もプレイできていない。われわれはいまだに彼がチームにもたらすインパクトを見ていないんだ。もちろん彼にいてほしかった…… もし彼をフィットさせつづけられれば、ビッグボーナスになるだろうね。

ケガをしてしまえば、選手が最初に感じるのは責任だよ。クラブが彼を取るためにかけた労力を思えば。彼はこの数ヶ月のあいだも、すごくチームに戻りたがっていた。その一員にすごくなりたがっていたし、自分がどれだけ助けになれるかもわかっている。そこから彼はケガに対処せねばならなかった。ロックダウンや新しい場所への引っ越し、それはタフだったはずだ。

だから彼はときに戻ることをあせったんだ。すぐにすべてをやりたかった。復帰したくてしょうがなかったんだから。自宅でひとりではいたくなかった。彼はいま非常にいい場所にいる。ドレッシングルームでも、スタッフたちともとても馴染んでいる。彼は特別なキャラクターの持ち主であり、ようやく彼がピッチで見ることができるといいね。

まるで新しいサインみたいだ!

アルテタがムスタフィの夏までの残留を示唆

Mustafi could stay at Arsenal until summer

アルテタ:いま彼の将来はここにある。わたしは助けようとしている。

パパはおそらくはこのウィンドウでクラブを去ることになるだろうし、ウィリアムはすでにローンに出た。だからいまはすごくたくさんのセンターバックがいるというわけでもない。ガビはしばらくのあいだ離脱していたし、ダヴィはケガをしていた。だから状況は以前とはかなり違ってきている。

ムスティはとても難しいケガから戻ってきた。彼は昨シーズンの終わりにケガをしてしまっていた。その期間、彼はとてもよくやっていたと思う。彼のパフォーマンスは向上していて、ずっとよくなっていた。彼が戻ったときは、われわれには7-8人のCBがいて、彼は自身のパフォーマンスレヴェルを上げる必要があった。フィジカリーには彼はまだいくらか時間が必要だったと思うが、そのあとにはヨーロッパで数試合プレイし始めた。彼はうまくやっていたよ。

そしていまつぎのステップはいつスターターになれるかということだが、現実はわれわれはいろいろな理由から変更せねばならなくて、違う選手を使うことになった。彼はここ数試合ではかなり(プレイに)近づいていた。だがいまはクリンシーツをチームにもたらしているパートナーシップを見つけていて、そういうときには変更するのは難しい。しかし彼はまだ競っているよ。

状況が変わった。たしかに。ムスタフィは夏まで残るでしょうな。まったくの余剰人員という感じでもなし。

たまにとんでもないやらかしさえしなければ、基本的に彼はいいCBだし。問題はCBというポジションではそれが致命的だということなんだが……

さて、必ずしも試合前コメントというわけでもないのだが、この試合の前に出ているいくつかの選手インタヴューがあるので、そちらを。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

3 Comments on “【マッチプレビュー】20/21EPL アーセナル vs クリスタル・パレス(14/Jan/2021)ふたりのガビ&パーティの復帰

  1. やっぱりパーティでしょうなあ。

    割と精神的プレッシャーのない状況でパーティが復帰できそうなのは嬉しい。
    ここ数試合のジャカは(ジャカにしては珍しく多少とも)スペースに動いて受けてるので、割と自由に左足を振れてると思う。
    走力とかアジリティはパーティとは比較にならないけど、そっちのほうはエルネニーもいる。

    パーティは身体能力も、足元の技術も、キックの精度もすごい。
    でも周囲とパスが合わなければ意味がない話なので、最初は「機能してるチームの中に脇役で入ってくる」くらいが丁度いいと思う。
    こんなに強くて上手い脇役がいたら、間違いなく強くなるだろうし。

  2. AMNはどうなんでしょうね。もっと使って欲しい気もしますし。でも割とプレイ時間の長かった直近のいくつかの試合でパフォーマンスが良くなかった試合もあった気もするんですよね。
    あとはセバージョスより優先するにはまだ時期的に早いというかセバージョスや他の選手のモチベーションにも影響しそうなのかな。それかもしも誰かケガしたときの保険で置いときたい気持ちが優先されてるのか。

    パーティと組まして欲しい気もするんですけどね。AMNも上がる事多いけど守備範囲は広い方だと思うし、パーティの守備負担減らして攻撃に加わりやすいようにするのもアリとも。まぁでもそれは今試すタイミングではないのかな。

    オーバにはペナルティーエリア付近から中へ短い距離でスピードを生かしたプレイ(ドリブル突破や裏どり)を新しく期待したいです。

    とにかく全体として最近の試合でのパフォーマンスは継続して欲しいですね。

  3. 個人的にAMNは夏に売るものだと思ってました
    彼は若いしベジェリンとの競争にもなってない上セドリックもいるので出場を求めて出るのかなと…
    アルテタは選手をやたら引き留めますがそれがチームの再構築を遅くし財政を逼迫させてますね
    ビジョンが曖昧なのかな
    結果論でなく20mで売却した方がwin-winだったかと

Leave a Reply

Your email address will not be published.