hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL ニューカッスル vs アーセナル(2/May/2021)敗ければ3連敗

昨日からのソーシャルメディアボイコットのせいか、ニュースも少なく、おだやかなアーセナル界隈。5/3まで。

Arsenal joins social media boycott at 3pm

さて、本日はPLニューカッスル(A)。アーセナルはすでにアストン・ヴィラとリーズに抜かれ、11位で迎えるMD34となる。

このシーズン最終盤の5月をほんとうにボトムハーフで迎えることになるとは。覚悟はしていたとはいえ、なかなか感慨深い。

こうなってしまってはPLへの興味はすっかり削がれているが、来週木曜日のビッグマッチに備えて、どのようなチーム、どのような戦いかたでのぞむかは、気になるところ。

試合をプレヴューしていこう。



アルテタの試合前コメント「ELセミファイナルが最重要」

試合前プレス会見は行われなかったようで、オフィシャルサイトにはボスのインタヴューがアップされている。ヴィヤレアルの試合の翌日のコメント。

(ヴィヤレアルの試合の評価とニューカッスル戦への影響……)

アルテタ:当然期待した結果ではなかった。アウェイゴールを奪えたことは重要だが、結局はセミファイナルでは一度は試合に勝たねばならない。だから自分たち次第だ。自分たちのステディアムでそれをやる。それができるならファイナルへの進出するビッグチャンスになる。

(ニューカッスルではロテイトするので?……)

誰がプレイできるか。再度とても要求される試合があった。ボーイズもたくさんプレイしているので、明日のトレイニングセッションで様子を見る。

(オバメヤンのフィットネス……)

彼はあまりトレインできていない。彼はまだ身体的にスタートできるレヴェルにない。彼もまた明日どうか見る。昨日は数分プレイできただけだったが、なんとかピッチでプレイできた。それはグレイトなニュースだ。

(ニューカッスル?……)

彼らのいまのポジションから、彼らがどう来るか。彼らはとてもオーガナイズされていて、最近はよくなってきた。だからタフになる。われわれのいまの試合数からすれば、どのチームが相手でも難しい。

(ジョー・ウィロックのパフォーマンス?……)

彼を行かせることは難しい決断だった。なぜならわれわれは彼のことをとても好んでいるから。だが、彼にはもっとゲイムタイム、このタイプの経験が必要だった。彼はニューカッスルでビッグモウメンツに入っていった。いくつかの重要なゴールズをとっているし、それ彼の成長にとってもとてもいいことだ。

(PLでギャップを縮めるのか、あるいはELに専念するのか?……)

PLで希望を叶えられるかどうかは自分たち次第ではなくなっている。だから自分たちがコントロールできることだけが、メインに集中することだ。セミファイナルがシーズンでもっとも重要だ。

(ELでのニコラ・ペペの貢献……)

彼はここ数ヶ月でかなりよくなっていると思う。彼のワークエシックはすごいし、多くの試合を決めるようになっている。ファイナルサードでの安定もましてきた。だからわたしは彼のパフォーマンスにとても満足している。あとはそれを続ける必要がある。

(ペペの自信がそれにどれほど影響している?……)

自信というのはどの選手にとっても決定的だ。フィールドに脚を踏み入れたとき、セキュアを感じれば、守られていると感じれば、マネジャーとチームメイツにサポートされていると感じれば、それはパフォームするうえで決定的なものになるのだ。そしてものごとがよりよくなれば、彼もまたよくなっていく。すべてのことがミックスされて彼のパフォーマンスに反映されていくんだ。

(ベルント・レノがヴィヤレアルで力強くバウンスバックした……)

繰り返すが、エラーズはフットボールの一部であり、われわれみんながそれをやる。だからそれにどう反応するか。ゆうべのベルントは正しいリアクションだったと思う。

アルテタは昨日『Sky Sports』の独占インタヴューにも応えていた。発言のポインツだけをまとめよう。

Mikel Arteta exclusive: Arsenal boss on strong finish, big summer and rewarding Emile Smith Rowe

  • 来シーズンに向けて、今シーズンをできるだけ力強く終えたい
  • (夏のウィンドウがここ数年でも最重要?)イエス
  • リチャード・ガーリック(※新任のDoF)とエドゥに期待
  • (ESRの契約延長)これから交渉を始めることになる
  • アーセナルは目標にたどりつくまで信頼と忍耐が必要
  • 今シーズンは予想もできないチャレンジがあった。それが不確定になり不安定になった
  • 自分にはちゃんとシーズンがまだ一度もない
  • ファンが戻ることが待ち遠しくて震える

以上。

<リチャード・ガーリックについて>

アーセナルに来るはずになっていたという現在PLのDoFであるリチャード・ガーリックについては、先日このブログのあるエントリでも「彼はアーセナルにもう来ているはずなのに話題にもならないのはおかしい」と書いたのだけど、それは、盛大な誤解だった。

彼はそもそもアーセナルに来るのは今年1月の報道の時点で「今年が終わってから」とされていたので、この夏にアーセナルFCにジョインするようである。

適当なことを書いてごめんなさいね。

ちなみにこのガーリック氏は、PLでも非常に評価が高く、たいそう惜しまれて転職をするようなので、アーセナルでもかなり期待していいのかもしれない。楽しみ。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

3 Comments on “【マッチプレビュー】20/21EPL ニューカッスル vs アーセナル(2/May/2021)敗ければ3連敗

  1. アズィーズ見たいですよね。普通に使うべきくらいのクオリティ持ってる気もします。

  2. お疲れ様です!
    プレビューへのモチベーションを(勝手に)心配してましたが安心しました。笑
    ELでの怪我人復帰情報はスタメン(ゼロトップ)へのフェイクのつもりだったんじゃないですかね、浅知恵に思えますが。
    今思うとメンバーを固定したがる自分(アルテタ)の傾向を逆手にとったつもりだったのかもしれませんね、、相手がエメリだってことも考えて。
    まぁそれもラカとオーバを使えないことからの苦肉の策なんでしょうが。
    駄文、失礼しました。

  3. ELでの怪我人情報はスタメン(ゼロトップ)へのフェイクだったのかもしれないですね、浅知恵に思えますが。。
    今思えば、メンバーを固定したがる自分(アルテタ)の傾向を逆手にとったつもりだったのかもしれませんね、、相手がエメリだし。
    それもラカとオーバが使えない故の苦肉の策でしょうけど。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.