hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, Friendly Match, Match, News, Transfer

【マッチレビュー】2021 MINDシリーズ フレンドリー トッナム・ホットスパー vs アーセナル(8/Aug/2021)新シーズンを控え攻撃の進歩に懸念

21-22プリシーズンの最後となった試合はNLD。残念ながら試合には敗けてしまった。今回も課金したのになあ。

シーズンスタートの8/13(金)ブレントフォードまで1週間を切り、21-22プリシーズンがこれにて終了。トマス・パーティのケガ以外は、大きなトラブルもなかった。そこが大きすぎるトラブルだけど。。

ただ、これまでのフレンドリーマッチの内容を振り返ると、新しく獲得した選手やキープレイヤーズのパフォーマンスなど、おおむねポジティヴに思えたプリシーズンながら、全体的に昨シーズンのプレイスタイルとの代わり映えのなさに、落胆&心配しているファンもかなり多いように見える。ここまでの移籍ウィンドウでの動きの鈍さもまたそれに拍車をかけている。

ただのフレンドリーで結果にがっかりしてもしょうがないが、アルテタは今後このチームをどのように進化させていくつもりなのか、考えさせられる試合でもあった。

ざっくり振り返ろう。



アルテタの試合後コメンツ「ジョー・ウィロックのことは話せるようになったら話す」

試合後のインタヴュー。オフィシャルサイトより。

(敗戦でした……)

アルテタ:どんな試合でも敗けるのは…… 彼らに敗けたのはもちろんなおさら。ポジティヴなところを見つけて学んで、つぎはもっと準備してよくなることだ。たくさんのいいこともあった。われわれはたくさんのキッズでプレイして、今日はかなりよくやった。だから準備としてはよかったと思う。

(ベン・ホワイトのパフォーマンス……)

彼はとてもよかったね。だが、今回の試合も彼らはまだあまりプレイしていなかった。なかには4-5日程度しかトレインしていなかった選手もいる。だからもっとやれるだろうし、彼らにリスクをかけたくなかった。いいスタートだった。

(プリシーズンのキャンペイン全体では……)

準備の観点では、できることはすべてやった。この驚くべきCovid世界での困難もあったが、われわれはチームとして進歩したし、たくさんのことに取り組んだと思う。試合のなかで、彼らをわれわれがやりたいようにやらせたときもある。そしてその他ではまだ試合に影響するようなエラーズをやらかしている。

(ブレントフォードで勝ってシーズンをスタートする重要性……)

イェア。いつでもそれがグレイトなスタートになる。タフな場所と長期間一緒にプレイしているチームであり、初戦はいつだってトリッキーさ。彼らは非常によい相手だ。

試合後プレスコンファレンス。オフィシャルサイトのトランスクリプトより。

(パフォーマンスについて……)

アルテタ:シーズンが始まる前に、この手の試合でのプレイをテストできたことはグレイトだった。思うにこの試合にはいくつかの異なるフェイズがあった。自分たちのハイプレスにいくらか問題があり、ちょっとオーガナイズされていなかった10分があり、その後は試合をコントロールしだして支配した。ビッグチャンスもあったが得点できず、彼らもまた同じ。

セカンドハーフはサブスティチューションズの多さのせいで、試合はとてもさえぎられ、流れをつかむことが難しくなった。試合が決したのはわれわれが犯したミステイクであり、そこが罰せられた。

(ジョー・ウィロックとロブ・ホールディングが不在だった件……)

ふたりは違う理由。ロブは今日プレイできなかったのはフィットしていなかったから。ジョーについては、できるようになったら理由を説明しよう。

(ジョーは退団するので?……)

いま云えるのはそれがすべて。何か云えるようになったらわたしから伝えるよ。

(攻撃でさらなる補強が必要?……)

持てるものを最大化しなければならない。そもそも、いまわれわれが持っていないものについて心配することは無意味だ。わたしのエナジーはいまいる選手だけのためにある。彼らをよくしていき、彼らをもっと脅威にし、試合に勝つ。

(金曜までにバックアップのGKは取れるのでしょうか……)

わからない。われわれはいまいる選手たちとトレインしている。必要なエリアでチームを進歩させるよう、正しいことをやろうとしている。現時点では、ここまで来たが、まだウィンドウは開いている。

以上。短し。

やっぱり選手の補強は心配されちゃってる。想像以上にタフなここまでだろう。

ウィンドウのクローズは月末とはいえ、PLの初戦まであと4日しかない。とにかく選手が売れない。だから買えない。

なかでも、代わりがいないという意味でもっとも心配なところはやはりセカンドGKか。このままならルナーソンがセカンドに入るはず。下手をすれば、彼をローンで出せなくなるかもしれない。

ジョー・ウィロックの移籍についてアーセナルとニューカッスルが合意の報道

ウィロックはこの試合でサブにも入らず。彼の状況は「説明できるようになったら話す」と、アルテタもすでに半分ゲロっているようなものだが、その後にオーンステインがブレイキング。彼のパーマネント移籍でクラブ間合意したということ。

移籍金は£20M以上。『Sky Sports』などほかのメディアもこの件を報じていて、アドオンなどを含めて総額£25Mと伝えているところが多いようだ。

またオーンステインの記事には言及はないが、バイバック(買い戻し)は含まれず、セルオン(将来の移籍金をシェア)が含まれる模様だ。

個人合意はこれからということながら、ウィロックはニューカッスルで過ごした期間をたいそう楽しんだと云われており、大きな障害はなさそう。

本人はすでにニューカッスルで目撃されている。

£20-25Mという金額は、いまでこそニューカッスルはよくぞこの大金を払ってくれたと思うが、このウィンドウがオープンする前なら最高に喜べる金額ではなかったろう。21才のHGで、シーズン半分で8得点したMF。

ようやく選手が売れたことはうれしい。ただ、売れたのがもっとも売却が必要だった選手ではないジョー・ウィロックというのが、このウィンドウの難しさを物語っている。

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

8 Comments on “【マッチレビュー】2021 MINDシリーズ フレンドリー トッナム・ホットスパー vs アーセナル(8/Aug/2021)新シーズンを控え攻撃の進歩に懸念

  1. 今シーズンのプレを初めて見ましたが、いや、ホントに何も変わってなくてビックリしました。アルテタで本当に大丈夫なんですかねー。

    ここまで来ると彼には問題が見えてないと思うしかない気がするのですが。チームも含めてもう見て見ぬふりなのか?と。

    ホワイトとサンビとタヴァレスはそれぞれ躍動感あって(新鮮に映っただけ?笑)良かったですね。でもそれですら昨シーズンから何ら変わらないチームにハメただけ。今シーズン、どうなるんでしょう。

  2. ついに始まりますね。
    3連戦を考えると初戦は必勝。
    また試練のシーズンとなるのか、飛躍のシーズンになるのか、今からドキドキワクワクしますね。
    いくつになってもあたしもアーセナルが生きがいです。COYG

  3. 去年のあんなクソみたいな成績で、かなり大規模な変革が必要なはずなのに…
    なぜそれをしない?そう思ってしまいます。

  4. アルテタだと結局誰取っても最後の崩しのアイデア不足は解消されなそうかなと思ってます…
    個人的に前線のタレントはそれなりいると思っているので

  5. うーむ、これでジョーがニューカッスルで10点以上とって、ペペが10点以下だったら我々は成功したといえるのであろうか。オーバのコンバージョンが悪い、というのもケチャドバが初戦からでればいいのですが・・・。さすがに初戦は勝ってほしい。また新たな1年のはじまりですね!COYG

  6. 移籍はウィロックにとっては良い事だと思う。球離れの良いESRとはだいぶタイプが違うので、アーセナルではどうしてもジャカとトレードオフの関係になってしまう。一方のニューカッスルはスタメンとして欲しがってくれてて、たぶんそっちのほうが幸せだと思う。

    どうせ2000万ポンド+も使えばニューカッスルはかなり手強い選手を補強できるのだし、アーセナルとしてもあまり損はないんじゃないだろうか。まあ、これが良い補強につながれば。だけど。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.