hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】21/22EPL ウェスト・ハム・ユナイテッド vs アーセナル(1/May/2022)まずはUELを確保

今回のWHU(A)が、アーセナルにとって、来年のUELを確保できる試合だったというのは気づいていなかった。

ということで、われわれはこの貴重な勝利で、まずは来年のヨーロッパを獲得。おめでとう。

クラブとしては、今年の目標はまずUELへの復帰だったと云われているので、すなわちこれで当初の目標を達成したことに。これは、わりとすごい。そして、まだUCLのチャンスを残している。

今回は、お互いにとってビッグマッチだったためか、どちらのチームもかたさがあって、本来の実力を発揮していたようには観えず。試合自体は、全体的にもあまり語りどころのない大味な試合だったように思える。本来、日程にも余裕があったアーセナルは、そのアドヴァンテッジを活かして戦うべきだったはずなのだが。

ま・勝ったからいっか。

試合を振り返ろう。

Arsenal beat West Ham to reclaim Champions League spot



アルテタの試合後コメンツ「醜く勝った」

試合直後のインタヴュー。オフィシャルサイトより。

アルテタ:チームは、リアルファイト、スピリット、一体感を見せた。困難な時間でも、あきらめないレジリエンスと野心があった。

今日われわれは醜く勝ったのだ。それは、この国で学んだとてもいいフレイズ。それはほんとうだと思う。

今日われわれは違うやりかたで勝ったと思う。たとえばマンチェスター・ユナイテッド戦でのプレイとは違った勝ちかただった。しかし、どちらも同じくらい重要、あるいはそれ以上の勝ちだった。なぜなら、この3つの大きなチームに3勝したのだから。

われわれはじつに若い。しかし、いまわれわれは違うスピリットを得つつある。わたしはまた別の「道(street)」を見ている。わからないが、ピッチのうえでほかのことをやらねばならないときも、そこには同じスピリットがあるし、わたしはそれを愛する。なぜなら、このレヴェルではそれがとても必要だから。

試合後のプレス会見。オフィシャルサイトより。

(勝利について……)

とても大きな勝利だ。自分たちでやっかいな状況にしてしまったのだから。とくに意思決定とボールポゼッション。攻撃していたスペイス。そのタイミングと効率。しかし、チームは大きなキャラクターを示した。諦めず、正しいことをしようとトライをつづけた。

彼らの戦いかた、ある時間帯でどのように試合をマネジしなければならないかの理解のしかた、守備のしかた。なぜなら、われわれはまったくやられなかったのだから。あれはすごかった。

イングランドではこう云うだろう「醜く勝つ(win ugry)」。わたしからすると、今日われわれは醜く勝ったと思う。わたしがとてもうれしいのは、チームが勝つ道を見つけるキャパシティを持っていたこと。今日はキャラクターを示した。

(ガブリエルのゴールと、一年前からの彼の影響……)

彼はとても成長したと思う。とくにキャラクター。もちろん彼の英語もよくなっている。彼の自分自身の表現のしかた。みんなから勝ち取った尊敬。パフォーマンスもシーズンを通してとても一貫しているし、守備と、チームにとってとても重要な得点もしている。そのことはセンターDFに望むのはおまけのようなものだが。

(選手たちにはプレッシャーがかかっている?……)

ノー。わたしが思うに、AからBにパスをしなければならないとき、プレッシャーがあるかないかというのは、いい訳になると思う。

今日のわれわれはただ単にスロッピーな時間があったというだけ。不正確だったことで、多くの時間でわれわれが望まないプレイになってしまった。しかし、そのことはわかっているし、ときにそういうことも起きる。ここであのチームとプレイするのはかんたんでもなんでもないのだ。だから、われわれは違うやりかたで試合に勝つ道を見つけたということ。

(サカ、トミヤス、ホワイトのフィットネス……)

ベンはマンチェスター・ユナイテッドでケガをしてしまった。彼は筋肉の問題だと感じていて、われわれも彼を検査した。それによってあと数日は様子を見る必要があった。

ブカヨは問題ない。彼はとても疲れていて、小さなケガもずっとある。

トミヤスは離脱がかなり長かっただけ。つづけられなかった。

(トミヤスのケガを心配している?……)

ノー。彼は大丈夫だと思っている。

(ホールディングのパフォーマンス……)

以前キミたちに云ったように、いい人間には、いいことが起きるものなんだ。ロブもまたいい事例だよ。彼がプレイするときは信頼を与える。とくに、彼がプレイしていなかったとき、彼のトレインのしかた、チームのなかでの過ごしかた。彼はもうすごい人間であり、選手だ。今日、彼にプレイするよう求めれば、彼はいつものように準備ができている。

(3位のチェルシーをつかまえられる?……)

算数的には、すべてオープンではある。まずはリーズに勝たねばならない。なぜなら、全員がプレッシャーを与えてくるはずだから。みんながプレイしたがっているポジションに、いまわれわれはいる。われわれはこれに対処せねばならない。とてもいいチャンスがあり、われわれが持つ意志とやる気が、チームをドライヴさせる。

(ホールディングはカンナヴァーロより優れているとファンが歌っていた件……)

そのうたは聴いてなかったな! くらべるのはやめよう。ロブ・ホールディングはロブ・ホールディングでとてもいいし、彼もまた今日自分がチームのためにしたことに満足すべき。

(チームの今シーズンの進歩に満足している?……)

イエス。そしてこれをやりつづけないと。このリーグのレヴェルはハンパないのだし、ホームでもアウェイでも同じやりかたで勝つチームもある。そうしたチームと競いたいのなら、一貫してやることを学ぶ必要がある。今シーズン、われわれは自分たちにはそれができることをまた証明している。

(試合前、トッナムの結果について選手に知らせないようにした?……)

それは時間の無駄になると思うよ。なぜなら、選手もスタッフも全員が自分の電話を持っているのだから。だから、事前に結果についてみんなわかっていた。来週も、シーズン最終日まではまだなにがあるかわからない。

以上

 

トミヤスはふくらはぎを気にしていたみたいだから、まさかの再発かと思われたが、アルテタはわりと楽観的なようだ。問題ないならよかった。

ラムズデイルとホールディングの試合後コメント「スパーズの結果は知らなかった/知ってた」

Sky Sportsのヒーローインタヴュー。via Arseblog

(スパーズが勝ったので勝利が重要だった?……)

AR:正直彼らが勝ったのは知らなかった。どのみち3ポインツはすごく重要だった。ぼくはウォームアップで早くに出ていたから。でもここからシーズン終了まで、ぼくらにとってはどの試合も3ポインツがとても重要だ。

(彼らが勝ったのは知っていた?……)

RH:イェアもちろん知ってたよ。早くにゴールしたとかなんとか。ぼくらとの試合までにいくらかあるし、彼らもそれまでに試合がある。ぼくらはプレッシャーにも対処する必要がある。それはナイスなこと。ここからシーズン終了までつづけていけるか観てみよう。

(ロブはPL初ゴール。自分で驚いた?……)

RH:まあちょっとね。カラバオカップではいくつかゴールしているけど、それはPLでのゴールではなかったから。ここからやっていく。

AR:6年しかかからなかったし、いまやヘアラインも一新された!

RH:ちょ!

(ライスのショットをセイヴ……)

AR:ぼくらは自分たちのセットピースを誇っている。シーズンもここまで来たし…… あれはバーに当たって…… ゴールにならなかった。彼らが脅威だということはわかっていたし、ぼくらも自分たちの脅威をつかって、ぼくもちゃんとセイヴして。でも、ロブとガビがゴールして試合に勝たせてくれたのがうれしい。

(守備もソリッドでふたりのセンターハーフが得点できたので完璧な日になった?……)

RH:クリンシートなら完璧だったと思う。でも惜しかった。

(ボウエンが飛び越えた……)

AR:ぼくは彼に触れてなかった。ちゃんと距離をとっていたよ。彼とは話したんだ。彼はいいやつだけど、ぼくに脚を挟まれそうになったから、ケガをしないようにジャンプしようとしたんだと云っていた。でもぼくは彼に触っていない。彼は正直だから、すぐに「ノーノーノー、ファウルじゃない」と云っていた。ぼくはわかっていたけど。

(勝負のゆくえはどうなりそう?……)

RH:タッチ&ゴーになりそう。心臓の鼓動が速くなる。もしぼくらが自分たちがやっていることをコントロールしつづけられるなら、ポインツをひろいつづけられるだろう。

(3連勝。信念?……)

AR:イェア。それが大きい。この漢がベンの代わりに出てきたこと。それがぼくらを示している…… 小さいかもしれないけど、でもそれがこのスクワッドのクオリティデプスなんだ。ぼくらはお互いに頼ることができ、スタッフも含めて、シーズン終了まで正しいことをやるために、今後は全員が必要になる。

また髪の話をしている……。男子はほんとうにその話題が好きである。

それにしても、ラムズデイルのアレは危なかったなあ。もしレッドカードでも出た日には、シーズンに影響していた可能性がある。ビッグガビのゴールはあの直後だったので、それもなかったかもしれない。

ところで、あのプレイでマイク・ディーンがカードを手にしていたように観えたけど、記録ではラムズデイルはファウルなしでカードなしだった。目の前で観ていたラインズマンがファウルじゃないと伝えたのかな?

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

7 Comments on “【マッチレビュー】21/22EPL ウェスト・ハム・ユナイテッド vs アーセナル(1/May/2022)まずはUELを確保

  1. 内容は良くなかったですが、もうこの際勝ちゃあなんでもいいですわな。
    ちなみに、マイク・ディーンはVAR専門の審判になる可能性があるとかないとか…

  2. まさかの3連敗からまさかの3連勝達成!
    内容なんて気にしないし未来への投資もいらない

    タヴァレスが相手陣内ど真ん中をドリブルするシーンはかなりシュール

    エリア外でラムズデイルが接触しかけたシーンはボウエンがシミュレーションを取られてイエローをもらった形ですね
    あのシーンは変な声出ました

  3. そう、結果が大事。相変わらず交代が遅いのにいらいらしましたが、振り返れば勝てましたし、ラムズデールの飛び出しが相手側のシュミレーションになった瞬間は、マンU戦のBフェルナンデスのPK失敗と同様、このシーズンを振り返るときのターニングポイントになるかもしれませんね。でも、ELにおけるフランクフルトの頑張りと、CLにおける、マンCがレアルを倒せばプレミアは5位まで・・・と他力本願をやってしまっている私がいます。いかんいかん、自分たちのプロセスを信じなければ、ですね。COYG

      1. あ、繰り上げはないんでしたね、大変失礼しました・・・!

        1. 今見返すと少しキツい言葉っぽくなってましたね…すみません。
          勝ち取りましょう、我々で
          COYG

  4. 状況的に仕方なかったのでしょうが、
    ファビアンスキー相手に、ペナルティーエリア外からシュートを撃ち続けるエンティケアを見て、
    若林 vs 小次郎 かと思いましたよ。

    さあ、絶対勝利がマストのリーズ戦。
    ヘタこかないでよ! COYG!

Leave a Reply

Your email address will not be published.