hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Emery, Match, Tactics, UEFA EL

【マッチレビュー】19/20UEL GS ヴィトーリア・ギマラエシュ vs アーセナル(6/Nov/2019)そもそも改善する気がない

またひどかったな。リードを追いつかれるのはこの試合で4試合連続だそう。

2-2 vs. Crystal Palace
5-5 vs. Liverpool
1-1 vs. Wolves
1-1 vs. Vitória

それと云うまでもなくパフォーマンスの劣悪さ。ボールを前に運べず、チャンスをつくるどころかゴールまで到達できないのでシュートを打つこともできない。

このひどさについては毎回すぎて、もうあんまり新しく語ることもなくなってきた。どうしてウナイ・エメリはここまで落ちぶれてしまったのだろう。

去年終盤のボトムチームかと見紛うようなフォーム以来、アーセナルはずっとひどいままだが、それ以前はいまほどにはひどくなかったと思う。いまでは彼はチームをインプルーヴメントさせることに失敗しているどころか、むしろ後退させている。いまアーセナルはあきらかに以前よりも、悪化しているように見える。試合ごとに、さらに、さらにだ。

Vitoria Guimaraes 1-1 Arsenal: Gunners concede late equaliser in Portugal



エメリの試合後コメント「グループ1位だ」

試合直後、BT Sportsのインタヴュー。

エメリ:選手たちはトライしたし勝利に近づいていた。しかし最後の時間で相手はたくさんプッシュして得点した。

ELではグループの1位になることだ。そして現時点ではそこにいる。まだ1位でフィニッシュする可能性がある。

トライした。彼らはとても競争力のあるチームで、われわれは守備で力強くあることがとても重要だった。われわれはそれができたし、攻撃でもよかったと思う。

攻撃面でもヴィトーリアはとてもオーガナイズされていて、たくさんのチャンスをつくることは簡単ではない。われわれは勝ちたかったが、テーブルでは1位におり、それが目的だ。

試合後のプレスカンファレンスより。要約にて。

  • (パフォーマンスについて)このコンペティションでの目標はグループ1位になること。いま10ポインツで1位にいる
  • 守備でとても強いチーム、オーガナイズされたチームとハードに戦ったと思う
  • 彼らには100%のモチヴェイションがありサポーターもいた
  • 勝ちたかったので結果には少し残念だが、いま1位にいるしつぎの試合でポジションをかためていきたい
  • (終盤の失点)今夜の目標はクリンシートでもあった。守備での改善が必要だったから。しかしヴィトーリア相手にそれができなかった
  • レスターには(守備を改善して)チャンレンジするつもり
  • このコンペティションではいい結果を得ているし、たくさん得点し失点は多くない
  • レスターでも勝つという目標は同じだが、守備を改善して力強くつづけたいし、戦術的にチャンスをつかみたい
  • (ショットオンターゲットがひとつだけ)彼らはとても守備的で大きな守備のストラクチャがあった。彼らはとても深く守ったので簡単ではない。このチーム相手に小さなスペイスを見つけたり、つくることは難しい
  • われわれは進歩したいし自分たちのやり方をつづけたい
  • つぎの試合に守備やチャンスクリエイトについていかに準備できるか。そして勝利するバランス
  • (ダニ・セバーヨスについて)明日の検査を待つ必要があるが、初見では小さなケガだと思う

以上。

語るに落ちるウナイ・エメリ

先日のウォルヴズの試合後の「戦術的には思い通りだった」発言は、各所でだいぶ批判的に突っ込まれていたが、エメリの最近の発言はストレスを貯めるファン世論に、ますます批判の糸口を与えているような印象がある。

彼が語ることはすべて彼の本心なのだろうが、果たしてアーセナルのようなビッグクラブのマネージャーとしてふさわしい発言なのか、首をかしげることもめっきり増えてきている。

今回のコメントのなかでも、いくつかのポインツで突っ込まれている。

They played against us with 100 per cent motivation and also with their supporters.

彼らには100%のモチヴェイションがありサポーターもいた

われわれは勝利へのモチヴェイションで彼らに負けたの? あの本気スクワッドをポルトガルまで連れて行って? だったらなんのために、週末PLを控えて消耗させるリスクをかけてわざわざポルトガルまで連れてったのかな。勝つためじゃないの? これでは自分のリーダーとしての資質に問題があると自ら白状しているようなものではないか。

このあたりも。

Offensively, this team [Vitoria] is very organised and it’s not easy to have a lot of chance.

攻撃的にも、このチーム(ヴィトーリア)はとてもオーガナイズされていて、たくさんのチャンスをつくることは簡単ではない。

It is not easy because they were defending very deep and together, and to find and create small spaces was not easy against this team.

彼らは人数をかけてとても深く守ったので、(チャンスをつくることは)簡単ではない。このチームを相手に小さなスペイスを見つけたりつくったりすることは簡単ではなかった。

ヴィトーリアは攻撃でオーガナイズされていて、それでいてとても深く守った? なにそのスーパーチーム。ていうか云ってることが支離滅裂では。それに、そんな云うほど深く守られましたかね?

相手は攻撃も守備もとても組織立っていて強かった。そう云いたいのだと思うが、ここで考えてみてほしいのは、ヴィトーリアSCはヨーロッパの5メイジャーリーグにも属さないポルトガルリーグで5位のチームで、しかも極端に深く守ったわけでも、たくさんの人数をかけて攻められたわけでもない(90分以降だけは人数がかかっていた)。いまRMやBMが狙っているようなスーパーな選手がいたわけでもない。彼らは優秀なチームではあったと思うが、アーセナルのようなクラブがそこまで苦戦しなきゃならないほど特別なチームだったろうか。

このレヴェルのクオリティの相手に、このレヴェルの戦術で劣勢を余儀なくされることについて、彼は超絶ビッグクラブであるアーセナルFCのヘッドコーチとしてどう考えるのだろう。

今回は相手が強かったからしょうがなかった。そんなふうに云って納得するファンはどこにもいないのでは。

ぼくもこれまで彼について化けの皮が剥がれたとか馬脚を現しただとか、さんざん悪く書いているが、最近はチームパフォーマンスだけでなく、自らの発言でもビッグクラブのマネージャーの器ではないことをことあるごとに説明しているように思える。黙っていたほうがまだマシ。語るに落ちるとはこのことだ。

 

オフィシャルサイトには、ムスタフィマルティネスの試合後のコメンツが掲載されているが、訳す元気がない。

エミマルのコメントについては1点だけ突っ込んでおきたいことがある。彼は「最後に失点したことはアンラッキー」と云っているが、ぼくに云わせればあれはアンラッキーでもなんでもない。罰せられて当然の結末だっただろう。むしろあの内容でアーセナルが3ポインツを持って帰っていたら、ビッグチーム相手に真剣に勝とうとしてファイトした彼らによほど申し訳がなかった。この結果は妥当なものだとぼくは思う。むしろあそこで逆転されなかったことはアーセナルにとってはラッキーだった。

24 Comments on “【マッチレビュー】19/20UEL GS ヴィトーリア・ギマラエシュ vs アーセナル(6/Nov/2019)そもそも改善する気がない

  1. エメリはアーセナルを内部から破壊するために送り込まれた刺客に違いない。そうに違いない。
    そういう意味では成功してる…のかな?
    レスターにボコられてミッション完了かあ(泣)

  2. 90分試合観るのが本当に修行。

    エメリは我々から最大の娯楽を奪っていった。

  3. 流石にもう無理ですね
    ペペの時みたいに水面下で誰かとしっかり交渉してることを願う
    でなきゃやってられない

  4. 下位でもタレントが揃ってて辛い展開のプレミアから、ELなら内容はともかく勝って悪い流れを断ち切れるかと思ったらそんな甘くない、というかむしろより辛い現実をみせつけられましたね。ここ数試合試合レビューの更新をみるのに気が重い・・・
    まあ前節ホームの内容から予想できなくはなかったですが。
    格下相手に勝ち点落として「でも1位にいる」って台詞はU23とカラバオの間くらい若手で固めた攻めた人選じゃないと言ってはいけないでしょう。会見のルールはよくわかんないですが、まずは通訳を同席させるところから始めた方がいいんじゃないかと思います。今更感満載ですけど割とマジで。

    ワトフォード戦からこれまで、シュート数で圧倒されても相手のアタッカーもイマイチでことごとく外してくれてたおかげでひどいことにはなってなかったですが、バーディーみたいなちゃんとしたアタッカーに同じだけシュート数与えたらどんな悲惨なことになるのか・・・。

  5. 今シーズンを諦めて後任を入れるとかしない限りはこの状態を受け入れるしかないと思います。
    その場合ほぼかくで主力が抜けるでしょうが。
    私は我慢が出来ないと思うので早く変えたほうがいい派です。

  6. 更新お疲れ様です。

    毎週楽しみに拝見しております。
    ただ、差別用語を使うのは勘弁してください。
    よろしくお願いします。
    これからも頑張ってください。

    1. 差別用語どこにあった? うっかりやっちまったと思って探したけども。

      1. お疲れ様です!
        たぶんびっこってやつかと。

        僕の祖父・祖母とかは普通に使ってますけど、現代では一般に差別用語になるっぽいです。

  7. ベンゲル以前を知らないニワカなんですが
    【超面白くて勝てるチーム】
    から
    【面白いけど勝てないチーム】
    を経て
    【つまんねーうえに勝てないチーム】
    なうな訳じゃないっすか。
    六道輪廻の、教えに従うなら次は
    【つまんねーけど超勝つチーム】
    でもおかしくない訳ですよね。

    モウかな?
    いや、それがエメリなら御の字な訳で、レスター相手に爆勝ちしたら手の平クルックルですよ。

    じゃない場合「エメリアウト」のカタカナバナー持ってエミレーツ行ったろかい!
    アウェイレスターが天王山とかどんだけー🤞
    COYG

  8. アンチェロッティ今ナポリフロントと揉めてるけど、辞めて来てくれんかなー

  9. 3バックは有効だったんじゃないですかね。ポゼッションも高いですし
    両WBを上げる事で相手の両SHを押し込んで3バックで数的優位を作ることが出来てました。そこからサイドに展開できてましたし、ぺぺやAMNにボールがスムーズに渡ってたのでエメリの狙い通りだったのではないかと、まぁ、サイドに渡ってもドリブルで抜けませんでしたし、クロスもことごとくカットされてたので、相手にとって脅威にはなってなかったですけど。。。これはエメリの戦術というより選手の質の問題だと思うので
    脅威になれてれば右サイドに寄ってきた相手に対して左のティアニーや上がってたホールディングに一本のパスでサイドチェンジとかそういう展開もみれたのかな。
    一度ホールディングがオーバーラップした時に、ティアニーからホールディングのパスをカットされたて相手のカウンターになってセバージョスが全速力でホールディングのカバーしないといけなくなったのには何してんのって笑ってしまいました。
    レスターでエジル使うのか使うとしたら通用するのかどうなるのかな

    1. すごい意見ですね。
      センターサークルで5人で鳥籠してるだけのポゼッションに意味はないです。
      相手SHを押し込んで空いたスペースを使えないのなら押し込む意味はないです。
      サイドにスムーズにボールが渡っていた、、、後ろ向きで2.3人に囲まれている状況でドリブルで突破できるならそれはメッシです。
      試合を見返すことをお勧めします。

      1. >後ろ向きで2.3人に囲まれている状況でドリブルで突破できるならそれはメッシです。
        >試合を見返すことをお勧めします。
        見直したけどそういう場面数えるぐらいしかないですね
        PLよりはぺぺにもAMNにもスペースはあったし、ここで突破できてればっていうおしい場面もいくつもあったし、グエンドウジが入ってからは同数の相手に対してそこでのコンビネーションで崩してくっていう場面もあった
        あなたこそ見直したほうがいい。
        10番はエジルしか居ないのだし、ジャカは使えないのだし、走らないといけない中盤の選手を休ませるという意味でも意味はあったと思いますが、レスター戦で結果でらんと意味ないけども

  10. 相手の守備ブロックの外をU字で回す、いつしかのヴェントゥーラサッカーを思い出しましたわ笑
    トップ・シャドー・WBが横並びで、2列目が遮断されていた3-2-0-5のような陣形には驚かされました。いかにエメリが何も落とし込んでいないか。

    このタイミングでの3バック採用はかなり追い詰められてる証拠でもあるかと。
    LTArsenalも言及してましたが、レスター戦は相手の4-1-4-1にはめる形で3-4-1-2で来ると予想してます。まあ、人と陣形を変えることでしか変化をつけられない彼が次節も上手くいくとは欠片も思いません。限界の域まで達してきている今、フロントは英断を。

  11. こんな内容で1位とか言われても、最近本当にサポーターを怒らせてばっかですね。まぁこれが彼の器なんでしょう、スモールクラブがお似合いです。
    ドンラウール、エドゥ、ヴェンティカシャンも見に来てましたがこれ見ても決断出来ないんでしょうか
    boardの不信も募ってきましたよ

  12. 相手にシュート数で上回られるのは、やけにミドルレンジから打たれてる印象が関係してるんでしょうか。

    なんかそれが分かるデータとかってあるんですかね。
    あるんでしょうね、絶対対戦相手も研究してミドル打って来てますよね。

    対戦相手からしたら、そりゃ今のアーセナル見たら弱点攻めますよね、、、

    私たちのクロップ は一体誰なんでしょう。

  13. ついに中盤2人にしてくるとは。エメリ(逆の意味で)恐るべし。

    僕は4-2-3-1で両ウイングがオーバ・ペペでも、ちょっと中盤の構成力に難があると思ってる。
    中盤は3人でゲームを作ることになり、パス回しがかなり窮屈だ。
    加えて、SBもウイングもスペースを「消費」する選手ばかりになってしまう。
    だからできれば左右のウイングどっちかはボールを奪われずにパスを回せる選手を置くべきだと思ってる。(現状ではセバージョス推し)
    4人でボールを回して右のぺぺとSBのためにスペースを作るべきだと思う。

    しかしこの試合は、、、ものすごく極端に中盤を省略してる。
    そういう意味ではモウリーニョのサッカーに近いと思う。
    エリア全体に選手を広く分散させて攻守ともに不確定要素を少なくするという。
    しかしそれが機能するには絶対の守備力がマストで、それでやっと1-0のプランが成り立つはず。
    今のチーム構成で何故それが可能だと思った!?大丈夫かエメリ。

    1. 今思ったけど、エメリのとっては「このサッカーで」勝ってみせる事が大事だったのかも知れない。
      このタイミングだけに、自分の守備的なサッカーでも快勝できるんだって証明する必要があったのかも。
      ELに強力メンバーをそろえて、ことさらに中盤を省略する理由ってそのくらいしか。

  14. エジルやラカゼットが降りてくることに批判的な意見があったけれど、中盤での数的有利を作るためにはSB、MF、WG、そしてトップ下やFWが連携する必要があったから必然のことだった

    昨シーズンはそれができたのはムヒやイウォビらWGと、ベジェリンやモンレアルらSBがバランスをとりながらMFとトライアングルを作っていたからだ
    局地的な数的有利が作れなければボールは前に運べない

    現在のメンバーは「組み立て免除」のWG、FWがいる
    ぺぺやサカはイウォビやムヒのようにプレーできない
    オーバ、ぺぺ、サカなんて最悪の組み合わせだ
    皆、連携して前に運ぶプレーが苦手だ(独力のドリブルで前に運ぶことはあっても)

    強力なドリブラー獲得を望んだファンはこの程度のバランスも見逃すのに、批判だけはいまだに一丁前で、彼らの考える改革案や、エメリの公認候補なんて信じるに足りない

    個人的にCBを獲得することで良くなると考えていたけれど、この最前列の3枚と、動きの乏しいMFでは有力なCBを取ってもボールの出しどころがなくて、無駄だろうと思う

    開幕前に褒め称えられた補強、放出戦略は急激な若返りと変化、バランスの欠如により、現段階では失敗の評価しかできない

    1. 何でペペを獲ったのかは僕も疑問ですけどね。
      しかし「信じるに足りない」って本当に思ってるんならそこだけは黙っといたほうがいいですよ。
      余計なお世話だけど、それを言い出すと荒れるから。

      何でそんな事言うのかって?
      自分もやったことあるからに決まってるじゃないですか、そんなの。w

  15. ネガティブなことばかりでなかなか観て応援するのが辛くなってきましたが、この状況が改善していくことを願っています。
    コメント欄も雰囲気が良くないのでアーセナルの成績が早く好転して欲しいです。

  16. 今回の325の狙いは悪くないですよ。意図を伝える浸透させることが出来ないのが問題。簡単な事すら理解出来ない選手が居る事を把握してないのもエメリの問題。キャプチャ見てもわかるように後ろは5対3とか2で超数的有利。パス回し楽。最前線も数的有利。パスが来れば相手は自陣でいきなり劣勢。普通ならボコボコにやれてるはずなのに逆にシュート打たれまくってるのは選手が理解してない以外に無いでしょう。
    アーセナルの選手、ベンゲル時代から選手がかなり入れ替わった結果インテリジェンスプレーヤーが激減しましたね。頭悪いというか感覚でプレーする選手が多数派になってしまった。この試合はめちゃくちゃ簡単だった。相手はこうだから、この選手配置で行くと言われた瞬間に意図をくんで指示無しで攻略出来るレベルの簡単さ。
    監督代わっても時間かかるしキツそう。えっ?こんな事から教えないといけないの?って感じなんで。

    1. 4-5ブロック敷いた1トップ相手に対して後ろは3枚もいらないのでは?
      そして前線に5枚も張らせて中盤がボール運べないって、明らかにシステムの問題なんじゃ??

  17. そもそも、3-4-3で前線を3トップ気味にするならば、バルセロナのMSN的な3トップで何でもやれちゃう状態(両WBは囮でWGが切れ込むスペースを作る)か、両WGが中盤でボール回しに参加できるか、でなければ、サイドに人が異常に偏って機能しないに決まってますよね。。。。
    3トップが左から、
    ラムジー、ラカゼット、ミキタリアンとかであれば機能したのかもですが。。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.