hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチプレビュー】20/21EPL アストン・ヴィラ vs アーセナル(6/Feb/2021)もうグリーリッシュには負けない

あのウォルヴズでのひどい敗戦から中三日、アーセナルにとってはさらなる試練となるこの試合。

今シーズンのジャック・グリーリッシュは絶好調で、このままいけばPOTSとの呼び声高い。そんなPLで一番優秀のような選手がいるチームを相手に、ホームでコテンパンにやられたことはまだ記憶に新しい。

しかし、あのときからいま、アーセナルはほとんど別のチームになっている。

今月はとくに、PLのPOTMにサカとレノのふたりがノミネイトされているだけでなく、なんとアルテタもMOTM(マネジャーオブザマンス)の候補に選出と、去年末に10試合で1勝とまったく勝てなかった悲惨な時期と比べれば、フォームはまさしく雲泥の差。だからこそ、ほんとうの実力をはかるうえでも今回はビッグテストになる。

ウォルヴズでの敗戦(ルイスのセントオフ)はいまだに議論が絶えないが、あの試合を「事故だった」と割り切れるか。忘れて自信をキープすることができているか。それにかかっている。

今晩の試合をプレヴューしてゆこう。



アルテタの試合前コメント「ぺぺはほんとうの脅威になった」

木曜に行われた試合前のプレスカンファレンス。オフィシャルサイトより。要約版。

(ウォルヴズでの敗戦はどれだけタフ?)どれだけかはわかならいが前進しないと。学ぶべきことはあったし、自分たちでコントロールできないこともあった。たくさんのポジティヴもあった。勢いをキープせねば。

(サカのインパクト)チームだと思う。プレイの仕方。得点しなきゃいけなかったゴール。支配。10人・9人になってもファイトとレジリエンスがあった。素晴らしい。

(アストン・ヴィラがウェスト・ハムに敗け)彼らのパフォーマンスを評価する立場にない。彼らはシーズンを通して素晴らしいしトップチームスにも勝っている。われわれはホームでも敗けている。今回は勝たないと。

(ダヴィド・ルイスのレッドカードにアピール)楽観的。どのイメジズを観てもレッドカードが覆されるべきだから。だからこそアピールした。

(いつ結果が明かされる?)わからないが今日何かわかれば。クラブからはそう聞いている。

(マット・ライアンのフィットネス?)まだトレインできていない。アレックス(ルナーソン)が準備できている。だから週末はどちらかを選ぶ。マットがトレインできるなら決断することになる。マットがダメならもちろんアレックスがプレイする。

(オーバはプレイできる?)彼はプレイできる。彼は10日間ほど何もできていなかったところからの数分のプレイだった。調子よさそうで問題ない。

(ぺぺのフォームのカギは?)彼をプレイさせないとわれわれが決めたときでも、彼はハードなワークをつづけていた。たくさんのエリアで進歩したし、90分安定するようになった。得点し、アシスティングするようになったので脅威になっている。マジな脅威だ。それをつづける必要がある。

(コンカッションサブスティチュート?)今日の午後PLと細かいMTGがある。それをどう使えるのか、規則について。思うにそれは必要だったしさらなる機会となる。ピッチで何か劇的なことが起きれば、少なくともわれわれは別の選手を置き換えられるようになる。

(ダヴィド・ルイスはウィリアン・ジョゼに対しもっと上手にやれた?)ルールはわかっている。わたしには決断そのものでもないしそこれで何が起きたかでもない。かつてとても似たような事案があって、マンUでのダヴィだった。そのときはアングル、意図、どれだけ選手のフィニッシュ能力に影響したかで完全に変わった。今回も似た状況だ。彼らはそこを観ていると思う。

(ダヴィド・ルイスがああいった状況に陥ることに懸念がある?)ふたつのイメジズを見れば、長い長い議論ができる。ダヴィを名指しするのはフェアじゃないと思う。

(オバメヤンのためにぺぺを落とす?)結局プレイするのはベストフォームのもの。すべての選手に試合に加わる権利があるし競わないと。お互いにレヴェルを上げるためにプッシュしている。そのレヴェルが上がっているのはご覧のとおり。みんながベストでプレイしている。

(ウォルヴズでの46分は今シーズンでベストのフットボールだった?)かもしれない。わたしは長いあいだこのチームがどうなりたいのか近くで観てきた。それを結果に出さねばならない。ああいう試合なら3-0か4-0にして試合を終わらせないと。

(チームは長期ヴィジョンのチームに近づき始めた?)イエス。最初の移籍ウィンドウはとても慌ただしかった。来たばかりだった。ほかのふたつは少し時間はあった。今回行った取引の量はすごいものだ。クラブ、エドゥの仕事は称賛されるべきもの。何人かの選手が退団してチームには空きもつくりだせた。今回のようなウィンドウはとくに簡単じゃなかった。

(マット・ライアンの負傷が残念)それもフットボール。起きうる。だからマット・メイシーの退団を許したとき、誰かを補強せねばならなかった。これが起きたのは不運だが。

(さらなる2枚のレッドカーズでチームのディシプリンが心配?)ニコとグラニトのときは心配した。避けられたものだ。しかし、今回のものは試合のなかで瞬時の決断だった。コントロールできないものだ。明快なことは5枚のレッドカーズがあればたくさんのポインツを失うこと。そのポインツがあればいまごろはまったく違うポジションにいた。間違いない。5枚もカーズをもらうチームはない。

(選手へのオンラインアビューズ?)いろいろなアビューズがある、根絶させないと。ソーシャルメディアに大きな責任がある。選手たちがどれだけさらされているか。わたしはみんなの意見にはオープン。だが傷つけるためだけのものにはそうではない。それはフットボールには大きなダメッジになるしたくさんのひとを傷つける。メディアの皆さんもわれわれとこの産業をサポートしてもらいたい。

(アレックスをELスクワッドから削除したのに彼がPLでスタートすることは奇妙?)ノー。アレックスは契約したときから自分の役割を理解している。GKにもプランがある。アレックスの役割は明快で変わらない。彼はチャンスを生かしてポジションを奪う必要がある。彼はサードだがセカンドにもファーストにもなれる。彼次第。

(キーランの扱いには慎重になっている?)ノー。今回はまた違うケガ。彼はほんとうに自分をプッシュする選手。フィジカリーにも全力を尽くす。彼の扱いには最高のやり方をトライしている。できるだけ早く復帰できるよう。

(キーランがスコットランドでプレイすることになったら心配?)ノー。わたしの望みはチームのためにASAPでプレイすること。彼がフィットしているなら国でプレイする。彼の夢のひとつで叶えるべき。わたしはアーセナルでプレイしてほしい。

(1月にLBとサインしたかった?)すべてやることは不可能。以前に云ったようにやるべきことがたくさんあって優先順位もあった。やりたいことをほとんどすべて行えたが、まだほかにもある。スクワッドの進歩には時間もかかるし労力もかかる。いつでも完全にできるわけでもない。

(アレックス・ルナーソンは批判されすぎ?)イエス。だがこれがビッグクラブでプレイするということ。トップレヴェルが期待される。そうでなければ批判を受ける。クラブに来る前だっていつだって批判にさらされることはわかっている。そしてもしうまくやればほかのどんなクラブにいるよりも称賛がある。ここでプレイしたいのなら、プレッシャーに対処できないといけない。

(アレックスはカルチャーショックを受けた?)そうは思わない。彼も想定していたと思う。われわれは彼をサポートする。もう何試合かでプレイもしている。いい試合もあったし、マンシティの試合では困難もあった。この前の夜はサブでいいプレイをしたと思う。

(彼にはプレッシャーに対処するキャラクターがあると?)イェア。彼はまじハードにワークしているし、ドレッシングルームにもよくフィットしている。とてもナイスなボーイ。とても謙虚で彼に必要なのはすべてのコメンツから離れて自分のやることに集中すること。

(VARによってコーチやアドヴァイスのやり方が変わる?)それにはより注意深くしないといけない。たとえばペナルティエリア付近のハンボーのルール。慣れないと。

この会見でのコメントだと思うが、オフィシャルサイトのトランスクリプトから漏れているアルテタのたくさんのコメンツが『football.london』でフォロウされていた。

(パーティとミドフィールドで進歩しているジャカについて)彼はウォルヴズでも素晴らしかった。試合ごとに安定感が増し進歩している。トーマスとのパートナーシップは力強く、ケミストリが開花している。あのスペイスで左足と右足のいいバランスがある。リーダーシップレヴェルもそうだが彼は選手としてとても成熟してきている。ドレッシングルームでの重要性も。ピッチでは以前よりもよくなっている。

(バーンリーからのバウンスバックに感心?)バーンリーに限らない。彼にはふたつのビッグエピソーズがあった。ひとつめは乗り越えたが、2回めはショックだった。これがわれわれが選手を助けねばならない理由だ。クラブはすごく彼をサポートしたし、われわれもそう。彼のチームメイツも同じ。そしていまはプレイでたくさんの賞賛を得ている。彼のキャラクターのおかげでもあり、彼がクラブでどれだけ成功したいかでもある。

(彼はクラブで長期の未来がある?)彼はとても重要な選手。ここへ来て以来、彼を毎試合観ている。毎回非常に好ましい。

(ぺぺがここ数試合でやっていることを維持するために必要なことは?)彼のパフォーマンスは全体的にベストだと思う。そういった側面への貢献はベストであとはそれを維持すること。フットボールで勢いがあるならそれを失ってはいけない。

(彼はどれほどのガイダンスを必要としていた?)どれくらいかはわからないが、彼には彼がやりたいことについてガイダンスと透明性は必要だ。そしてピッチ上の規律が必要。そしてある瞬間には自分自身を表現するために自由も必要。そこで制限をかけられてはいけないのはたしか。

(ネルソン、AMN、ウィロックはチームに戻ってくるために何が必要?)ジョーの状況はとてもはっきりしている。夏にもローンについて話していた。わたしは彼を使いたいので賛成しなかった。彼は違うコンペティションでプレイしたが、わたしに云わせれば彼の成長には正しかった。17-18試合プレイすればそれは多い。いまコンペティションが減ったため彼の時間は減ると思った。だからPLで14-16試合プレイできればそれはポジティヴ。彼は完全に同意した。

エインズリーについては、成長の違うフェイズにいる。彼は24でイングランド代表でただ試合でプレイしたかったしそれを保証してもらいたかった。わたしにはそれはとても難しい。彼はよそで経験を積みたがった。ジョーとはまったく違う。わたしは彼にそれを許可した。彼にとって重要なミドフィールドでプレイする可能性もあるかもしれない。選手の動機が金ではなくフットボールのとき、選手の邪魔をすることはできない。たくさんの試合でプレイできないと感じているならとくに。

(AMNは戻ってスターターになれると思う?)すべてのローンは戻ってくると思うし、夏に決断をする。

(オバメヤンにとってこの時期はどれだけ難しかった?)この期間にドレッシングルームはスピリットを見せたしお互いにどれだけ気にしているかを見せたと思う。ひとは困難なときにあるとき「ぼくのことを思っている?」「彼らからサポートされている?」が必要。そして答えはビッグイエス。彼はキャラクターとクラブでの実績から大変に好かれている選手。完全にサポートに値する。家族のことで苦しんだので個人的にも辛かった。彼は親しいひとに対し正しいことをした。

(彼は今週自分のクオリティーズを示した?)イエス。彼はここにいたかったので難しかった。彼はトレイニングしたいし試合には勝ちたい。どの試合でもプレイしたい。彼にはそこにいる責任があったが、同時にここにもいたかった。彼は自分でトレイニングしていてこの状況によく対処したと思う。

(彼のクオリティーズは最高?)それはキーワードだと思う。すべての選手はときを生み出すため、ゴールをするため自信が必要。それはユニークなもので、彼にはその能力がある。

(パーティはウォルヴズで試合を支配。彼はあなたに重要な選手になっている?)イェア。まったく。それこそが彼とサインした理由。彼のような選手が必要だったから。チームに鉄と支配をもたらす。彼からはもっと観ないと。彼はチームのリーダーズのひとりにならねば。

(パーティで誰か思い出す? 彼はもうちょっとシュートを打っても?)彼はこの前ショットがあった。あのボールが抜けていれば! 正しいときはシュートする必要がある。彼は相手のボックスに入っていく能力もある。アトレチコ・マドリッドでいくつかいいゴールをしている。そこはたしかにもうちょいやってほしいところ。

(誰か思い出す?)彼を誰かとくらべたくない。ごめん。

以上。

最後の質問は食い下がっていて「パトリック・ヴィエラ」と云わせる気マンマンだろw

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

One Commnet on “【マッチプレビュー】20/21EPL アストン・ヴィラ vs アーセナル(6/Feb/2021)もうグリーリッシュには負けない

  1. 恥ずかしながらこのブログで、サンソンがヴィラへ移籍したことを知りました。
    大好きな選手をプレミアで観れることが本当に楽しみです。
    非常に優秀なミドルショットの持ち主なので、このGK危機の1試合で活躍しないことを祈ります。

    今回も更新ありがとうございます。

    COYG!!

Leave a Reply

Your email address will not be published.