hotいま読まれているエントリ

Arsenal, Arteta, EPL, Match

【マッチレビュー】20/21EPL アーセナル vs クリスタル・パレス(14/Jan/2021)連勝の終わり

試合の論点

アーセナル vs クリスタル・パレスのトーキングポインツ。

KT依存とクオリティデプス

今シーズンのわれらのNo.1クリエイターはKTなのだが、彼がいないと全然チャンスをつくれないという。

それと、先日のFAカップ(ニューカッスルに2-0勝利)のような試合があったので、その流れのなかで見ると、いま好調とそうでない選手の落差が激しく、スクワッドデプスにというか、クオリティデプスに非常に問題を抱えているなと。あの試合は、サブで登場したレギュラー選手たちに救われたが、今回は誰も救ってくれる選手がいなかった。

深刻さがもっとも露呈したのは、レフトバックだろう。KT不在で抜擢されたAMNがあまりにひどかった。観ていてかわいそうなほど。

彼はこれまでLBでたびたびいいプレイを見せてきたので期待もしたものだが、この試合の彼はほんとうにひどく。

彼はレギュラーでプレイしていないからと擁護したい気持ちもあるが、それをいったら即座に適応したESRはどうなんだと。みんなそうやってチャンスを掴んでいる。

それと、調子だけでなく、やはり適性もあるだろう。AMNは右足の選手でKTのような縦に侵入して正確なクロスボールを送るようなLB仕草があまり期待できない。コラシナツよりも期待できない。

彼はしばらくやっていたような、左のウィングバックからインサイドFWのポジションに入っていくプレイはたいそう合っていたが、バック4のLBは合っていないのかもしれない。

てかLBは今後どうするのか。セドリック? 右もいまのKTと比較するとベレリンは見劣りする。アーセナルのようなプレイスタイルだと、フルバックは攻撃でも非常に重要で、大きな補強ポイントではなかろうか。

……とこのように、最高にノッている選手たちが全員揃うと、いまアーセナルはかなり強いように思えるが、少しでも重要な選手が欠けると、途端に元の退屈なアーセナルに戻ってしまう。

今回はとてもそのように思えた。

リネカー氏にもミッドテイボー認定されてしまった。。

アルテタが云っていた「フレッシュネス」はなんだろう。なぜそういうことが起きているのか。いまは疲労が問題になるような日程でもなし。

まあパレスに非常にうまく守られてどんどんやる気が減退していったみたいなことなのか。

こういうときにエナジーのかたまりみたいなマルティネリがいたらなあ。

ジャカとセバーヨスがシャイン☆彡

よかったこともあった。

この試合のジャカとセバーヨスのCMコンビはほんとうに良かった。何度ボールを奪うんだという。

パーティをプレイさせたかったからしょうがなかっただろうけど、セバーヨスも最後までプレイさせたかった。

ボールリカヴァリーズが13て。バケモンか。化物語か。

その他試合について

  • アーセナルはファイナルサードでやりたいプレイはちゃんとやっていたようには見えた。でもそのほとんどが予想の範囲内というか。それをどうにかするのがクリエイティヴィティだよなあ
  • ロブホがショッツ(2)とチャンスクリエイション(2)でトップ。どんな試合だよ(笑えない)
  • ぺぺは今シーズンPLではオープンプレイからひとつもチャンスをつくっていないとか。ゼロって。※チームトップはKTで20
  • ザハを観ていたら、ぺぺはザハ役のほうがよほどやりやすいだろうなと。スペイスがたっぷりあって。パレスでプレイしたら£72Mの選手に戻れるかも
  • パーティ。つぎは90分観たい

試合については以上。

アーセナルのミニニュース

AFCがRichard GarlickをDoFに指名

アーセナルがしれっとDoFを指名していた。

ハス・ファーミーがやっていたことを引き継ぐということ。

このガーリック(?)氏はPLでDoFとして働いていた人物だそう。

このブログでも先日、エドゥに業務が集中しているかもしれない件について少し触れたが、これで少しは改善されるのかもしれない。

ウェブサイトではまだ発表はされていないようだが、NUFC戦のプレス会見でアルテタはもう認めている。正式に発表があればまたフォロウアップしよう。



つぎの試合は月曜(日本時間で火曜早朝)のPLニューカッスル(H)。シーズンの方向性を決める2試合の1試合めはDAZ~Nなドロウ。さすがにニューカッスルには勝たナイト。

ではまたプレヴューで。COYG

※コメントくださるかたにお願い
プレヴューエントリでは、試合の結果がわかるようなコメントはお控えください
お互いリスペクトしあって楽しく使いましょう

6 Comments on “【マッチレビュー】20/21EPL アーセナル vs クリスタル・パレス(14/Jan/2021)連勝の終わり

  1. ジャカそんなに良かったですかね
    基本クリパレがボール持たせてくれただけなような…アルテタになって守備は普通になりましたけど、ロスト怖がりすぎ、時間あっても前向けない判断力も遅くてテンポ悪いし、セバージョスみたいなチャレンジパスも出来ない
    取り敢えず前線に当てる時も貰う側が困る時が多い
    KTバックアップ問題と同じくらい気になりました

  2. LBの件は仕方ないとして、僕はこの試合を評価しない。10段階で1くらい。
    マリやガブリエルならサイドをカバーできるのに、わざわざ2CB でルイスを使って(!!)ジャカをサイドに開かせて、そこまでしてDFラインを10m下げたがる理由が、僕には分からない。
    やっと調子が出てきたところなのに!

    アルテタはレスター戦でも全く同じ事をやってると思う。
    中盤でボールを引っ掛けてカウンターを狙ってくる相手に対して、ロングボールで中盤を飛ばすという。

    しかし後ろがルイスで、ジャカが前のスペースに動けるはずがない。
    じっさい、オーバやESRからのリターンを前に出て受けるべきところで、ジャカはことごとく止まってしまってチャンスを台無しにし続けた。
    後方でのジャカのプレーが珍しくソリッドだったとしても、ロングパスが何本通っても、そのデメリットが大きすぎたと思う。

    最近の数試合は、ジャカがスペースに動いて受けるからチームが機能してたはず。
    ジャカがボールの後ろに留まろうとしてるなら、それはチームが機能してないって事だと思う。
    僕はジャカがいるべき場所はそこじゃないと思う。そこをやらせるなら、モーのほうがずっと良い選手だ。

  3. オーバーとサカのスタートサイドを逆にしてれば、まだマシだったような気がします。どちらの良さも半減するけど、ナイルズが無駄に攻撃参加してボールロストするよりはいい。ナイルズは右脚左脚関係なく精度が低すぎて、これだと使い所ないかと。どこでもできるってよりも、どこで使えばうまくいくのか分からないからこんな感じで使われてるわけだし。
     あとベジェリンがホールディングとかバーヨスとかからスミスローへのパスコース塞いでるのが気になりました。5レーンが単純に整理されてない。

  4. このかなり悪い環境中、
    過密日程でけが人も出るし、ろくに練習も出来ないしで、
    監督としても選手のフィジカル的にもキツイ時期ですが、乗り切ってほしいですね。

  5. ナイルズ酷かったですね…ほんとに。

    何回ロストするんだっていう…。

    やっぱ本職のLBじゃないと厳しいと思いました。
    CMがスミスロウの登場で改善されたように、本職以外を当てても結局その場凌ぎにしかならない。KTのバックアップは補強しときたいところー。

    ジャカのリカバリーは確かに光りましたが、他の方がおっしゃるように、もう少し前が彼の一番輝ける位置だと思いました。

    次節の改善に期待します。

  6. ラカがボールにどう絡むか、ESRやサカとの距離や位置関係がかなり攻撃に影響を与えてるように感じます。前半ラカはゴール前以外でボール触っただろうか?相手のマークのズレを生み出すにはラカの動きも重要になっている。それがこの試合は良くなかった。ラカESRサカの関係性とかそもそも3人のボールに絡む頻度とかクオリティ。
    そこにCMがミドル狙える程度には前目で攻撃に参加するということもある程度必要。
    ジャカとセバージョスのCMコンビの場合どちらが前目に位置取るか曖昧だったり機動力の問題なのかでどちらも低めの位置になる傾向が今のところ多い気がします。なのでこのコンビは避けた方が良い気もします。

    AMNは悪かったけどいい部分もあったと思いますし勝てなかった原因は彼だけのせいではないと思うんですけどね。
    一番最初に交代して欲しかったのは個人的にはセバージョスでしたし。

    ただAMNのクオリティが安定してないことやクロスの精度などは改善を見せていかないといけないでしょうね。LSBとして使うつもりがあるならしっかり練習させて欲しい。中に向かうプレイは良かったし縦に行くプレイの部分が何とかなればと思いますけど。

Leave a Reply

Your email address will not be published.